Rev.131017
抗酸化/酵素測定キット
Biomarkers for antioxidants and antioxidative enzymes. 日本老化制御研究所"
ヒトCu/Zn-SOD測定用
ELISAキット

Human Cu/Zn-superoxide dismutase ELISA kit
(本製品は研究用試薬です。)
【スーパーオキサイドを消去する重要な抗酸化酵素】
スーパーオキサイドアニオンは、NO(一酸化窒素)と反応し、非常に反応性の強いパーオキシナイトライト (ONOO-)を形成し、DNA、蛋白質、脂質などの生体分子を酸化させることが知られています。
スーパーオキサイドジスムターゼ(super oxide dismutase: SOD)はスーパーオキサイドアニオンを分解する酵素であり、 活性酸素に対する生体防御において重要な役割を果たしていると考えられます。SODにはCu/Zn-SOD、Mn-SOD、Fe-SOD、ecSODの 4種類のタイプが知られており、中でもCu/Zn-SODは真核細胞の細胞質に広く存在しています。

また近年、Cu/Zn-SODは細胞内H2O2レベルを制御することで、チロシンホスファターゼの活性中心を 酸化修飾し、細胞増殖シグナルの制御にも関わっていることが指摘されています。

本製品はヒトCu/Zn-SODを測定するサンドイッチELISAキットです。マイクロプレート上にはヒトCu/Zn-SODに対するモノクローナル抗体が 固相化されており、サンプルとHRP標識-抗Cu/Zn-SOD抗体と反応させることで、高感度にCu/Zn-SODを検出します。
【製品仕様】
● 測定対象: ヒト血漿/血清/赤血球中のCu/Zn-SOD
● 測定レンジ: 0.04 - 5 ng/mL
● 所要時間: 約1.5時間
● サンプル所要量: 10μL
● テスト数: 96wells(N=2のとき40サンプル)
● 必要な器具: マイクロプレートリーダー(測定波長450nm)、マイクロピペット(5~1000μL用)、マルチチャネルピペット
● 保存条件: 冷蔵(2~10℃ ・凍結不可)
品名 商品コード 測定レンジ 測定波長 価格
ヒトCu/Zn-SOD測定用ELISAキット KSE-040W 0.04~5 ng/mL 450 nm 115,000円(税別)

【製造元】:Northwest Life Science Specialities LLC, USA
受注生産品につき、納期に1~2ヶ月要する場合があります。

【ご注意】本製品は研究用試薬です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。

日研ザイル株式会社 日本老化制御研究所 〒437-0122 静岡県袋井市春岡710-1 TEL 0538-49-0125 FAX 0538-49-1267

 
【キット構成】
1. マイクロプレート 抗ヒトCu/Zn-SODマウス抗体 固相化プレート。使用直前に洗浄液にて洗浄します。
2. コンジュゲート試薬 HRP標識-抗ヒトCu/Zn-SOD抗体(20μL * 2本)。アッセイバッファー 80μL/バイアルを添加したのち、
使用直前にアッセイバッファーにてさらに100倍希釈します。
3. スタンダード Cu/Zn-SOD標品(5 ng/mL * 2本)。そのまま使用します。
4. 洗浄液(x20) 蒸留水にて20倍希釈して使用します(50 mL * 1本)。
5. アッセイバッファー(x20) 蒸留水にて20倍希釈して使用します(5 mL * 1本)。
6. リン酸バッファー(PBS x20) 蒸留水にて20倍希釈して使用します(5 mL * 1本)。
7. TMB基質液 そのまま使用します(15 mL * 1本)。
8. 反応停止液 そのまま使用します(1本)
9. プレートシール そのまま使用します(2枚)
【測定手順】
1. 血清/血漿サンプルをリン酸バッファー(PBS)にて20倍希釈。
2. マイクロプレートを洗浄液(300μL/well)にて2回洗浄。
3. スタンダード用のウェル(5ng/mL用を除く)にPBSを100μL/well分注。
5ng/mL用のウェルにスタンダード試薬を200μL分注し、100μLの系列希釈により5~0.08 ng/mLに調製。 最終的に0.08、0.16、0.32、0.63、1.25、2.5、5ng/mLのSOD標品が100μL/ウェルとなるように調製します。 ピペットでウェルの内壁を擦らないようにご注意ください。
4. ブランクウェル(0 ng/mL)にはPBSを100μL/ウェル分注、
サンプル用のウェルにはPBSを予め90μL分注しておき、予め希釈したサンプル10μLを添加。
5. コンジュゲート試薬を調製し、全てのウェルに50μL添加。
6. プレートをしっかりシールして、室温(18~25℃)にて1時間インキュベート。
7. TMB基質液を室温に戻しておきます。
8. マイクロプレート内の液を捨て、洗浄液(300μL/well)にて3回洗浄。
9. 全てのウェルに発色試薬を100μL分注し、室温暗所にて10分インキュベート。
10. 全てのウェルに反応停止液を100μL分注し、450nmにおける吸光度を測定。
【参考文献】
1) A rapid and sensitive enzyme immunoassay for Cu/Zn superoxide dismutase with polyclonal and monoclonal antibodies. Porstmann T, Wietschke R, Schmechta H, Grunow R, Porstmann B, Bleiber R, Pergande M, Stachat S, von Baehr R., Clin Chim Acta. 171(1):p1-10 (1988)
2) Immunochemical quantification of Cu/Zn superoxide dismutase in prenatal diagnosis of Down's syndrome. Porstmann T, Wietschke R, Cobet G, Lorenz K, Grunow R, Jahn S, Bollmann R, Stamminger G, von Baehr R. Hum Genet. 85(3), p362-366 (1990)
3) Cu/Zn superoxide dismutase quantification from fetal erythrocytes--an efficient confirmatory test for Down's syndrome after maternal serum screening and sonographic investigations. Porstmann T, Wietschke R, Cobet G, Stamminger G, Bollmann R, Rogalski V, Pas P., Prenat Diagn. 11(5), p295-303 (1991)
【ご注意】本製品は研究用試薬です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。