Rev.131017
DNA酸化損傷マーカー
Biomarkers for DNA oxidation. 日本老化制御研究所"
抗8-OHdGモノクローナル抗体
Anti 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine monoclonal antibody (N45.1)
(本製品は研究用試薬です。)  
【8-hydroxy-2'-deoxyguanosine : 8-OHdGとは】
遺伝子DNA中のグアニン塩基は活性酸素の作用により酸化損傷を受けます。8位の炭素が酸化される ことにより、8-ヒドロキシーデオキシグアノシン(8-OHdG・左図)が生成されます。遺伝子DNAが修復される過程で8-OHdGは、細胞外に排出され、 さらに血液を経て尿中に排泄されます。また8-OHdGは比較的安定な物質で、生体内で代謝や分解されることなく尿中に速やかに排泄される ことから、活性酸素による生体損傷を鋭敏に反映する優れたバイオマーカーとされています。本抗体は8-OHdGを特異的に認識するマウス由来の モノクローナル抗体で、免疫組織染色、 細胞レベルでの8-OHdGの検出等にご利用頂けます。
【製品仕様】
● 製法: 8-OHdG/KLH(keyhole limpet hemocyanin)コンジュゲートを免疫原としてマウスよりハイブリドーマを作製。
得られたハイブリドーマを用いて腹水を調整し、硫酸アンモニウム塩析法により分画精製した。
● 形状: 凍結乾燥品
● サブクラス: Mouse IgG, clone N45.1
● 特異性: 8-OHdG類縁体21種類(guanosine(G),7-methyl-G, 6-SH-G, 8-Bromo-G, dA, dC, dT, dI, dU, dG, O6-methyl-dG, 8-OHdA, guanine(Gua),O6-methyl-Gua, 8-OH-Gua, uric acid, urea, creatine, creatinine, 8-sulfhydryl-G, 8-OH-G)について交差性試験済み。 このうち8-sulfhydryl-Gと8-OH-Gのみが反応したが、反応性は1%以下であった。 【S.Toyokuni et al. Laboratory Investigation 76(3) pp365-374 (1997)】
● 用途: 免疫組織染色(使用例:5~10μg/mL)
● 保存条件: 凍結保存(-20℃以下)
● 有効期限: 製造後5年間(未開封、-20℃以下にて保存の場合)
品名 商品コード 容量 価格
抗8-OHdGモノクロナール抗体 MOG-100P 100μg 100,000円(税別)
MOG-020P 20μg 26,000円(税別)
【ご注意】本製品は研究用試薬です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。

日研ザイル株式会社 日本老化制御研究所 〒437-0122 静岡県袋井市春岡710-1 TEL 0538-49-0125 FAX 0538-49-1267

 
 
 
 
紫外線照射ヌードマウス表皮の本抗体による染色例
(Y.Hattori et.al. J.Invest.Dermatol.107 733-737, 1996)
【参考文献】
1) S.Toyokuni, T.Tanaka, Y.Hattori, Y,Nishiyama, A.Yoshida, K.Uchida, H.Hiai, H.Ochi, and T.Osawa: Quantitative immunohistochemical determination of 8-hydroxy-2'deoxyguanosine by a monoclonal antibody N45.1: Its application to ferric nitrilotriacetate-induced renal carcinogenesis model. Lab. Invest. 76(3), p365-374 (1997)
(本抗体の特異性に関する文献)
2) Y.Hattori, C.Nishigori, T.Tanaka, K.Uchida, O.Nikaido, T.Osawa, H.Hiai, S.Imamura, and S.Toyokuni: 8-Hydroxy-2'deoxyguanosine is increased in epidermal cells of hairless mice after chronic ultraviolet B exposure. J. Invest. Dermatol. 107, p733-737 (1996)
(紫外線照射したマウス皮膚における8-OHdG染色例)
3) T.Tanaka, Y.Nishiyama, K.Okada, K.Hirota, M.Matsui, J.Yodoi, H.Hiai, and S.Toyokuni: Induction and nuclear translocation of thioredoxin by oxidative damage in the mouse kidney: independence of tubular necrosis and sulfhydryl depletion. Lab. Invest. 77(2), p145-155 (1997)
(鉄ニトリロ3酢酸投与したマウス腎における8-OHdG染色例)
4) Y.Ihara, S.Toyokuni, K.Uchida, H.Odaka, T.Tanaka, H.Ikeda, H.Hiai, Y.Seino, and Y.Yamada: Hyperglycemia causes oxidative stress in pancreatic -cells of GK rats, a model of type 2 diabetes. Diabetes 48, p927-932 (1999)
(糖尿病モデルラット膵における8-OHdG染色例)
5) T. Ichiseki, A. Kaneuji, S. Katsuda1, Y. Ueda,T. Sugimori and T. Matsumoto: DNA oxidation injury in bone early after steroid administration is involved in the pathogenesis of steroid-induced osteonecrosis. Rheumatology 44,p456-460(2005)
(ウサギ組織における8-OHdG染色例)
6) Lee YA, Cho EJ, Yokozawa T: Protective effect of persimmon (Diospyros kaki) peel proanthocyanidin against oxidative damage under H2O2 -induced cellular senescence. Biol Pharm Bull 31(6)p1265-1269(2008)
(ヒト培養細胞における8-OHdG染色例)
【ご注意】本製品は研究用試薬です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。