Rev.131017
脂質酸化損傷マーカー
Biomarkers for lipid oxidation. 日本老化制御研究所"
MDA測定キット(TBARS法)
Malondialdehyde Assay Kit
(本製品は研究用試薬です。)  
【代表的な脂質過酸化マーカー】
MDAは脂質過酸化分解生成物の一つであり、脂質過酸化の主要なマーカーとしてよく用いられます1)
多価不飽和脂肪酸(PUFA)は活性酸素種/フリーラジカルによる酸化を受けやすく、例えばヒドロキシラジカル (HO・)と容易に反応して脂質ペルオキシラジカル(LOO・)を形成します。この脂質ペルオキシラジカル(LOO・)は、さらに 別の多価不飽和脂肪酸(PUFA)と反応して脂質ヒドロペルオキシド(LOOH)と脂質ペルオキシラジカル(LOO・)を形成します。 また、脂質ペルオキシラジカル(LOO・)は分子内2重結合に反応して環状エンドペルオキシドを形成し、これがさらに分解されて マロンジアルデヒド(malondialdehyde: MDA)が形成されます2)
【測定原理】
本キットはサンプル中のマロンジアルデヒドをチオバルビツール酸(TBA)と反応させることで MDA-TBA2付加体を形成させます。この付加体は532nmの波長付近に強い吸収を持つことから、分光学的にMDAを検出します。
バッファーや培養上清などのサンプルでは、532nmの吸光度を測定することでMDAを簡単に検出できます (左図 青線)。一方、尿、血漿、組織ホモジネートといったサンプルでは、バックグラウンドの吸収が高くなるケースがあります (緑および赤線)。このようなケースでは、分光光度計により400~700nmの吸光スペクトル(分解能1nm)を測定し、 3rd delivative analysis(3次微分解析)を行うことで、MDA-TBA2付加体のシグナルを正確に検出できます。
品名 商品コード 測定波長 価格
MDA測定キット(TBARS法) KMD-008W 532nm又は400~700nm吸光スペクトル 60,000円(税別)

【製造元】:Northwest Life Science Specialities LLC, USA

 
 
【製品仕様】
● 測定対象: マロンジアルデヒド
● 測定原理: TBA反応生成物を用いた分光分析
● 測定レンジ: 0.08~10μmol/L
● 所要時間: 約1.5時間
● サンプル所要量: 250μL
● テスト数: 200テスト
● 必要な器具: マイクロプレートリーダー(測定波長532nm)または分光光度計(400~700nm)
ヒートブロック又はウォーターバス(60℃)、マイクロピペット(10μLおよび250μL用)、エッペンチューブ用遠心機
※サンプルの種類により単波長測定か、スペクトル測光かを選択します。
● 保存条件: 冷蔵(2~8℃)
【キットの構成】
1)TBA試薬: 2-thioberbituric acid (5本) 蒸留水10.5mLを加え、よく攪拌して溶解します。
2)BHT試薬: Buthylated hydroxytoluene溶液(2.5mL) そのまま使用します。
3)酸試薬 1M リン酸溶液(10mL*5本) そのまま使用します。
4)アッセイバッファー: EDTA含有 リン酸バッファー pH7.0(125mL) そのまま使用します。
5)キャリブレーター: Tetramethoxypropane溶液(0/1/2/3/4μM MDA当量) そのまま使用します。
【測定手順】
Step 1) エッペンチューブにBHT試薬を10μL分注します。
Step 2) キャリブレーターまたはサンプルを250μL添加します。
Step 3) 酸試薬を250μL添加します。
Step 4) TBA試薬を250μL添加します。
Step 5) ボルテックスでよく攪拌します(約5秒)。
Step 6) 60℃にて60分間インキュベートします。
Step 7) 10,000 Gにて2~3分遠心します。
Step 8) 532nmの吸光度または400~700nmの吸光スペクトル(推奨:1~2nm 間隔)を測定します。
Step 9) 吸光データから、MDA濃度を算出します。
【参考文献】
1) Biomarkers of free radical damage applications in experimental animals and in humans. Free Radic Biol Med 26(1-2), p202-226 (1999), de Zwart LL, Meerman JH, Commandeur JN, Vermeulen NP.
2) Chemistry and biochemistry of 4-hydroxynonenal, malonaldehyde and related aldehydes. Free Radic Biol Med 11(1), p81-128 (1991), Esterbauer H, Schaur RJ, Zollner H.
3) Malondialdehyde and thiobarbituric acid-reactivity as diagnostic indices of lipid peroxidation and peroxidative tissue injury. Free Radic Biol Med 9(6), p515-540 (1990), Janero DR.
4) Improved analysis of malondialdehyde in human body fluids. Free Radic Biol Med 20(2), p251-256 (1996), Jentzsch AM, Bachmann H, Furst P, Biesalski HK.
5) Reactions of 1-methyl-2-phenylindole with malondialdehyde and 4-hydroxyalkenals. Analytical applications to a colorimetric assay of lipid peroxidation. Chem Res Toxicol 11(10), p1176-1183 (1998), Gerard-Monnier D, Erdelmeier I, Regnard K, Moze-Henry N, Yadan JC, Chaudiere J.
6) Free and bound malondialdehyde measured as thiobarbituric acid adduct by HPLC in serum and plasma. Clin Chem 37(8), p1423-1429(1991), Carbonneau MA, Peuchant E, Sess D, Canioni P, Clerc M.
7) Determination of malondialdehyde as dithiobarbituric acid adduct in biological samples by HPLC with fluorescence detection: comparison with ultraviolet-visible spectrophotometry. Clin Chem 47(9), p1725-1727 (2001), Lykkesfeldt J.
8) Grapefruit seed extract moderates morphologic, functional and biochemical evidences of epidoxorubicin-induced testicular toxicity. J Med Sci 7(4), p650-654 (2007), LC Saalu, T Kpela, LAJ Shittu, OA Ashiru.
9) Sildenafil extends survival and graft function in a large animal lung transplantation model. Eur J Cardio-thoracic Surg 29, p288-293 (2006), Stephan Korom, Sven Hillinger, Markus Cardell, Wei Zhai, Qiang Tan,Andre Dutly, Boris Leskosek, Walter Weder.
【ご注意】本製品は研究用試薬です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。