ホーム > 酸化ストレスマーカー技術情報(ページ 1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15  )
酸化ストレスマーカー技術情報
Technical support for oxidative stress biomarkers.  
こちらでは酸化ストレスマーカーの技術情報、学術情報をご紹介しております。皆様のご研究に役立てて頂ければ 幸いです。
またよろしければ、学会や論文等で発表された内容をご紹介頂ければ大変ありがたく思います。
ご質問・コメントなどお気軽にお送り頂けると助かります。 biotech@jaica.comまでお気軽にお知らせください。
対象となるマーカーも徐々に増やしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は責を負いませんので予めご了承ください。また、製品の価格、仕様、試薬構成、測定手順等は、製造元の都合により予告無く変更される 場合があります。
分類 製品名 (下記をクリック)


New/高感度8-OHdG Check 技術情報 文献
抗8-OHdGモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗TGモノクローナル抗体 技術情報 文献




ヘキサノイルリジン(HEL)測定キット 技術情報 文献
抗HELモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗4-HNEモノクローナル抗体 技術情報 文献
尿中イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
血清イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)ELISA測定キット 技術情報 文献
抗マロンジアルデヒド(MDA)抗体 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 測定キット 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 自己抗体測定キット 技術情報 文献
抗ヒト酸化LDL抗体 技術情報 文献
抗アクロレイン(ACR)抗体 技術情報 文献
抗4-HHEモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗クロトンアルデヒド(CRA)抗体 技術情報 文献
抗7ケトコレステロール(7-KC)抗体 技術情報 文献
アクロレイン測定用ELISAキット(販売終了) 技術情報 文献

抗Nε-(carboxymethyl)lysine: CML抗体 技術情報 文献
抗メチルグリオキザール(MG)抗体 技術情報 文献




カルボニル化蛋白測定キット 技術情報 文献
カルボニル化蛋白測定キット(ヒト/動物用) 技術情報 文献
ヒト血清 カルボニル化蛋白質 測定キット 技術情報 文献
タンパク質過酸化物(AOPP)測定キット 技術情報 文献
血漿ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
抗ニトロトリプトファン(NW)モノクローナル抗体 技術情報 文献
ジチロシン(DT)測定キット 技術情報 文献
抗ジチロシン(DT)モノクローナル抗体 技術情報 文献
抗ジブロモチロシン(DiBrY)モノクローナル抗体 技術情報 文献
分類 製品名 (下記をクリック)









SOD活性測定キット(比色法) 技術情報 文献
ヒトCu/Zn-SOD ELISAキット(SOD1) 技術情報 文献
ヒトMn-SOD ELISAキット(SOD2) 技術情報 文献
ヒトec-SOD ELISAキット(SOD3) 技術情報 文献
カタラーゼ活性測定キット(CAT) 技術情報 文献
グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)測定キット 技術情報 文献
グルタチオンレダクターゼ(GR)測定キット 技術情報 文献
ヒト細胞質GPx ELISAキット 技術情報 文献
GST-π測定キット 技術情報 文献
血清ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
尿中ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
血清MPO活性測定キット 技術情報 文献
PMNエラスターゼ測定キット 技術情報 文献









パラオキソナーゼ(arylesterase活性)測定キット 技術情報 文献
パラオキソナーゼ(paraoxonase活性)測定キット 技術情報 文献
チオレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシン還元酵素I ELISAキット 技術情報 文献
ペルオキシレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンIII ELISAキット 技術情報 文献
チオールステータス測定キット 技術情報 文献
ヒト ミオスタチン測定キット 技術情報 文献



抗酸化能測定キット「PAO/PAO-U」 技術情報 文献
抗酸化能測定キット(油脂用)「PAO-SO」 技術情報 文献
グルタチオン測定キット 技術情報 文献
ビタミンC測定キット 技術情報 文献
ペルオキシルラジカル消去活性測定キット 技術情報 文献

14,15-DHET測定キット(高血圧研究マーカー) 技術情報 文献
     
     
受託検査:CoQ10酸化率
No. 【タイトル】 【内容】
1 サンプルの採取および輸送 サンプルには、血清またはヘパリン血漿を利用できます。
CoQ10酸化率の測定には、採血時の取扱いが非常に重要です。採血後は速やか(採血後15分以内)に 遠心分離を開始し、採血後30分以内に血清/血漿をディープフリーザー(-80℃)またはドライアイス中にて 凍結してください。家庭用冷蔵庫(〜-20℃)では保存できません。検体輸送時にも、搬送容器に 必ずドライアイスを充填してください。保冷剤では輸送中に劣化が起きる場合があります。
-80℃における保存期間は数ヶ月〜半年以内を目安としてください。長期間保存されると、酸化率が上昇する 可能性があります。
2 動物検体への対応 動物由来検体でも測定できる可能性があります。個別にご相談ください。
ヒトではCoQ10が主に存在するのに対し、動物種によってはイソプレノイド単位が9の CoQ9が含まれることがあります。動物種や、検体の性状により、検出できないケースや 正しく測定できないケース、測定機器に悪影響を与えるものがありますので、ご依頼の前に 必ず事前にご相談ください。
3 対応可能なサンプル種別 測定実績のある検体種は下記の通りです。
1) 血清、ヘパリン血漿
2) 卵胞液

下記検体につきましては、お引き受けできかねる場合があります。
1) 髄液
2) 食品、サプリメント
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
【参考文献】
1) Redox status of Coenzyme Q10 is associated with chronological age.
H Wada, H Goto, S Hagiwara and Y Yamamoto: J Am Geriatrics Soc. 55(7),p1141-1147(2007)
CoQ10酸化率測定法
2) Plasma Coenzyme Q10 levels in patients with multiple system atrophy.
Jun Mitsui, Takashi Matsukawa, Tsutomu Yasuda, Hiroyuki Ishiura, Shoji Tsuji: JAMA Neurol.(2016)
doi:10.1001/jamaneurol.2016.1325
多系統萎縮症(代表的な神経変性疾患の一つ)において、患者血漿CoQ10濃度は 健常対照に比べ有意に低いことが示されています。
3) Coenzyme Q10 prevents hepatic fibrosis, inflammation, and oxidative stress in a male rat model of poor maternal nutrition and accelerated postnatal growth.
Tarry-Adkins JL, Fernandez-Twinn DS, Hargreaves IP, Neergheen V, Aiken CE, Martin-Gronert MS, McConnell JM, Ozanne SE :
Am J Clin Nutr.103(2),p579-588(2016). doi: 10.3945/ajcn.115.119834
げっ歯類ではCoQ9です。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
受託検査:唾液分泌型IgA(sIgA)
No. 【タイトル】 【内容】
1 サンプル取扱い上の注意点 1) 飲食の直後は避け、一定の採取時間、採取方法を採用する。
2) 測定前に、遠心等により粘性物質を除去、あるいは項目により 限外濾過など、除蛋白処理が必要な場合があります。
3) 採取法(スワブ法か吸引法)の選択。ヒトには唾液腺が3種類あり 組成は必ずしも一致しません。最適な採取法は研究目的によって異なってきますが、 例えば唾液sIgAの場合、吸引法の方がばらつきが小さいことが報告されています。
Koji HAMURO, et al. Biosci Microbiota Food Health. 2013;32(3):107-112
4) 必ず直ちに凍結保存。必要に応じて分注凍結を推奨。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
受託検査:血清総抗酸化能(STAS)
No. 【タイトル】 【内容】
1 測定原理 STASとはSerum Total Antioxidantの略で、文献上はSTAS、TAS、ABTS法など、幾通りかの表現が 使われています。本法で使用する基質(ABTS)は、過酸化水素(H2O2)の存在下で ABTSラジカルを形成し、600nmにおける吸収を示します。血清サンプル中に抗酸化物質が含まれると ABTSラジカルの形成が抑制されることを利用して、血清中の総抗酸化能を測定します。 主に過酸化水素に対する消去能、ABTSラジカルに対する消去能を検出すると考えられます。
2 他の抗酸化測定法との違い 抗酸化測定法には、総抗酸化能測定法PAOをはじめ、ORAC法、DPPHラジカル消去活性、SOD活性、 TRAP法、FRAP法、CUPRAC法、TEAC法、TOSC法、LDL酸化抑制法、化学発光法など、様々な方法が 知られています。これは、活性酸素種、フリーラジカルの分子種が複数あることに加え、 抗酸化物質の構造、作用機序も多彩であることから、単一の測定法では「抗酸化」を十分に 検出することが難しいためです。このため、抗酸化物質の成分が異なる食品(農産物抽出液など)を 異なる抗酸化測定法で測定すると、必ずしも相関関係が見られないケースが出てきます。 現在のところ、抗酸化物質の評価には、測定原理の異なる複数の方法で見るのが良いとされています。
本法(STAS)は過酸化水素/ABTSラジカルに対する消去作用を指標としており、総抗酸化能測定法PAOは 還元力(1電子供与能)を指標としており、検出特性が異なると考えられます。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
受託検査:アスタキサンチン
No. 【タイトル】 【内容】
1 動物検体への対応 サンプルには、ヒトまたは動物由来の血漿、血清を使用できます。
現在のところヒト、マウス、ラットに対応可能です。 これ以外の動物種につきましては、予めお問合せください。動物種によっては 検出下限以下になる場合があります。研究検査ですので基準値、参考値等はありませんので 予めご了承ください。
2 検体必要量について 原則として、血清または血漿1.0mLが必要ですが、少量でも検出できるケースがあります。 個別にご相談ください。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
受託検査:血清酸化度(dROMs test)および抗酸化能(BAP test)
No. 【タイトル】 【内容】
1 対応可能なサンプル 血清、血漿(EDTA血漿を除く)を測定可能です。 採血後は速やかに遠心、血清/血漿を分注凍結してください。
保存は-20°C以下(-80°C推奨)です。1年程度安定であることが報告されています。
2 検体必要量について 原則として、血清または血漿 各0.3mLが必要ですが、1回分析当たりの使用量はdROMが20μL、 BAPが10μLです。 指先採血など、微量血清でも対応できる場合があります。
3 既知の影響因子について 血清dROMsは、ビリルビン-C、溶血ヘモグロビン、アスコルビン酸による 負の干渉を受けることが知られています。
血清BAPはビリルビン-C、ビリルビン-Fによる正の干渉、ヘモグロビン、乳びによる 負の干渉受けることが知られています。
特にBAPに対する乳びの影響が大きく、 検体の性状により、低濃度域への乖離値を示す場合や、測定できない場合があります。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
【参考文献】
1) Cornelli U, Terranova R, Luca S, Cornelli M, Alberti A:
Bioavailability and antioxidant activity of some food supplements in men and women using the D-Roms test as a marker of oxidative stress.
J Nutr 131(12),p3208-3211(2001)
2) Kamezaki F, Yamashita K, Kubara T, Suzuki Y, Tanaka S, Rkouzuma R, Okazaki M, Tasaki H, Otuji Y:
Derivatives of reactive oxygen metabolites correlates with high-sensitivity C-reactive protein.
J Atheroscler Thromb 15(4),p206-212(2008)
3) Kanaoka Y, Inagaki E, Hamanaka S, Masaki H, Tanemoto K:
Analysis of reactive oxygen metabolites (ROMs) after cardiovascular surgery as a marker of oxidative stress.
Acta Med Okayama 64(5),p323-330(2010)
4) Vassalle C, Bianchi S, Battaglia D, Landi P, Bianchi F, Carpeggiani C:
Elevated levels of oxidative stress as a prognostic predictor of major adverse cardiovascular events in patients with coronary artery disease.
J Atheroscler Thromb 19(8),p712-717(2012)
5) Ohara M, Watanabe K, Suzuki T, Sekimizu K, Motoyama M, Ishii K, Sawai K, Nakano H, Oba K, Mizuno K:
Improving in the fasting, but not the postprandial, glucose level is associated with reduction of plasma d-ROMs level in patients with type 2 diabetes.
J Nippon Med Sch 80(3),p200-210(2013)
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
受託検査:酸化還元電位(ORP)
No. 【タイトル】 【内容】
1 対応可能なサンプル 血清、ヘパリン血漿を測定可能です。 採血後は速やかに遠心、血清/血漿を分注凍結してください。
保存温度は-80°Cを推奨します。
ヒト血清での検討では、数回程度の凍結融解は影響を与えません。
2 検体必要量について 原則として、血清または血漿 各0.3mLが必要ですが、1回分析当たりの使用量は30µLです。 微量血清でも対応できる場合があります。
3 測定機材 バイオリサーチセンター株式会社
RedoxSYS 生体レドックスバランス測定装置
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
【参考文献】
1) Spanidis Y, Goutzourelas N, Stagos D, Mpesios A, Priftis A, Bar-Or D, Spandidos DA, Tsatsakis AM, Leon G, Kouretas D:
Variations in oxidative stress markers in elite basketball players at the beginning and end of a season.
Exp Ther Med 11(1),p147-153(2016)
2) Spanidis Y, Mpesios A, Stagos D, Goutzourelas N, Bar-Or D, Karapetsa M, Zakynthinos E, Spandidos DA, Tsatsakis AM, Leon G, Kouretas D:
Assessment of the redox status in patients with metabolic syndrome and type 2 diabetes reveals great variations.
Exp Ther Med 11(3),p895-903(2016)
3) Marinkovic V, Rankovic-Janevski M, Spasic S, Nikolic-Kokic A, Lugonja N, Djurovic D, Miletic S, Vrvic MM, Spasojevic I:
Antioxidative Activity of Colostrum and Human Milk: Effects of Pasteurization and Storage.
J Pediatr Gastroenterol Nutr 62(6),p901-906(2016) doi: 10.1097/MPG.0000000000001090.
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 検査情報に戻る
ページの先頭へ