ホーム > 酸化ストレスマーカー技術情報(ページ 1 / 2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15  )
酸化ストレスマーカー技術情報
Technical support for oxidative stress biomarkers.  
こちらでは酸化ストレスマーカーの技術情報、学術情報をご紹介しております。皆様のご研究に役立てて頂ければ 幸いです。
またよろしければ、学会や論文等で発表された内容をご紹介頂ければ大変ありがたく思います。
ご質問・コメントなどお気軽にお送り頂けると助かります。 biotech@jaica.comまでお気軽にお知らせください。
対象となるマーカーも徐々に増やしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は責を負いませんので予めご了承ください。また、製品の価格、仕様、試薬構成、測定手順等は、製造元の都合により予告無く変更される 場合があります。
分類 製品名 (下記をクリック)


New/高感度8-OHdG Check 技術情報 文献
抗8-OHdGモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗TGモノクローナル抗体 技術情報 文献




ヘキサノイルリジン(HEL)測定キット 技術情報 文献
抗HELモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗4-HNEモノクローナル抗体 技術情報 文献
尿中イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
血清イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)ELISA測定キット 技術情報 文献
抗マロンジアルデヒド(MDA)抗体 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 測定キット 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 自己抗体測定キット 技術情報 文献
抗ヒト酸化LDL抗体 技術情報 文献
抗アクロレイン(ACR)抗体 技術情報 文献
抗4-HHEモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗クロトンアルデヒド(CRA)抗体 技術情報 文献
抗7ケトコレステロール(7-KC)抗体 技術情報 文献
アクロレイン測定用ELISAキット(販売終了) 技術情報 文献

抗Nε-(carboxymethyl)lysine: CML抗体 技術情報 文献
抗メチルグリオキザール(MG)抗体 技術情報 文献




カルボニル化蛋白測定キット 技術情報 文献
カルボニル化蛋白測定キット(ヒト/動物用) 技術情報 文献
ヒト血清 カルボニル化蛋白質 測定キット 技術情報 文献
タンパク質過酸化物(AOPP)測定キット 技術情報 文献
血漿ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
抗ニトロトリプトファン(NW)モノクローナル抗体 技術情報 文献
ジチロシン(DT)測定キット 技術情報 文献
抗ジチロシン(DT)モノクローナル抗体 技術情報 文献
抗ジブロモチロシン(DiBrY)モノクローナル抗体 技術情報 文献
分類 製品名 (下記をクリック)









SOD活性測定キット(比色法) 技術情報 文献
ヒトCu/Zn-SOD ELISAキット(SOD1) 技術情報 文献
ヒトMn-SOD ELISAキット(SOD2) 技術情報 文献
ヒトec-SOD ELISAキット(SOD3) 技術情報 文献
カタラーゼ活性測定キット(CAT) 技術情報 文献
グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)測定キット 技術情報 文献
グルタチオンレダクターゼ(GR)測定キット 技術情報 文献
ヒト細胞質GPx ELISAキット 技術情報 文献
GST-π測定キット 技術情報 文献
血清ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
尿中ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
血清MPO活性測定キット 技術情報 文献
PMNエラスターゼ測定キット 技術情報 文献









パラオキソナーゼ(arylesterase活性)測定キット 技術情報 文献
パラオキソナーゼ(paraoxonase活性)測定キット 技術情報 文献
チオレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシン還元酵素I ELISAキット 技術情報 文献
ペルオキシレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンIII ELISAキット 技術情報 文献
チオールステータス測定キット 技術情報 文献
ヒト ミオスタチン測定キット 技術情報 文献



抗酸化能測定キット「PAO/PAO-U」 技術情報 文献
抗酸化能測定キット(油脂用)「PAO-SO」 技術情報 文献
グルタチオン測定キット 技術情報 文献
ビタミンC測定キット 技術情報 文献
ペルオキシルラジカル消去活性測定キット 技術情報 文献

14,15-DHET測定キット(高血圧研究マーカー) 技術情報 文献
     
     
先生のご研究をご紹介ください。ご質問もお気軽にどうぞ(メール)
14,15-DHET測定キット(高血圧研究マーカー)
No. 【タイトル】 【内容】
1 マウス脳で組織量が
1gに満たないのですが
検出できますか?
マウス脳において14,15-EETが、483pg/50mg tissue検出されたとの報告があります。計算上は数10mg以上あれば 検出されることが期待されますが、飼育環境やサンプルの性状、前処理を含めた実施状況により、実際の数値は 論文掲載値と異なる場合があります。予め予備実験をして、検出されるかどうか、確認されることをお奨めします。
Wenri Zhang, et. al: Stroke 39(7), p2073-2078(2008)
2 血清サンプルが
少量しかない場合
血清0.25mLの場合のプロトコルがあります。下記リンク(PDF)をご参照ください。
血清処理プロトコル(英文PDF)
3 尿サンプルへの適用 ヒト尿中14,15-DHETを測定される場合には、KDH-003/KDH-013をお使いください。ヒト尿中では14,15-DHETの大部分が グルクロン酸抱合体の形で存在するとされており、KDH-003/KDH-013には抱合体も検出できるよう、グルクロニダーゼが 含まれております。

一方、マウスやラットの尿中14,15-DHETは、グルクロン酸抱合体となっていないため、KDH-001/KDH-011にて検出可能です。 (KDH-003/KDH-013でも検出できますが、操作工程がKDH-001よりも多くなります)
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) Risk of coronary artery disease associated with polymorphism of the cytochrome P450 epoxygenase CYP2J2. Circulation 110(15), p2132-2136 (2004): Spiecker M, Darius H, Hankeln T, Soufi M, Sattler AM, Schaefer JR, Node K, Borgel J, Mugge A, Lindpaintner K, Huesing A, Maisch B, Zeldin DC, Liao JK.
2) Cytochrome P450 2J2 promotes the neoplastic phenotype of carcinoma cells and is up-regulated in human tumors. Cancer Res 65(11) ,p4707-4715(2005): Jiang JG, Chen CL, Card JW, Yang S, Chen JX, Fu XN, Ning YG, Xiao X, Zeldin DC, Wang DW.
3) Polymorphisms in the human soluble epoxide hydrolase gene EPHX2 linked to neuronal survival after ischemic injury. J Neurosci 27(17), p4642-4649(2007): Koerner IP, Jacks R, DeBarber AE, Koop D, Mao P, Grant DF, Alkayed NJ.
4) Cytochrome p450 epoxygenase promotes human cancer metastasis. Cancer Res 67(14), p6665-6674(2007): Jiang JG, Ning YG, Chen C, Ma D, Liu ZJ, Yang S, Zhou J, Xiao X, Zhang XA, Edin ML, Card JW, Wang J, Zeldin DC, Wang DW.
5) Cytochrome P-450 epoxygenases protect endothelial cells from apoptosis induced by tumor necrosis factor-alpha via MAPK and PI3K/Akt signaling pathways. Am J Physiol Heart Circ Physiol 293(1) ,H142-151(2007): Yang S, Lin L, Chen JX, Lee CR, Seubert JM, Wang Y, Wang H, Chao ZR, Tao DD, Gong JP, Lu ZY, Wang DW, Zeldin DC.
6) Soluble epoxide hydrolase gene deletion is protective against experimental cerebral ischemia.
Stroke 39(7), p2073-2078(2008): doi: 10.1161/STROKEAHA.107.508325
Zhang W, Otsuka T, Sugo N, Ardeshiri A, Alhadid YK, Iliff JJ, DeBarber AE, Koop DR, Alkayed NJ.
マウス脳における14,15-EET検出例です。野生型マウスについて、483 pg/ 50mg tissueと報告されています。
7) Selective inhibitors of CYP2J2 related to terfenadine exhibit strong activity against human cancers in vitro and in vivo. J Pharmacol Exp Ther 329(3), p908-918(2009): Chen C, Li G, Liao W, Wu J, Liu L, Ma D, Zhou J, Elbekai RH, Edin ML, Zeldin DC, Wang DW.
8) Synergistic effect of cytochrome P450 epoxygenase CYP2J2*7 polymorphism with smoking on the onset of premature myocardial infarction. Atherosclerosis 195(1), p199-206(2007): Liu PY, Li YH, Chao TH, Wu HL, Lin LJ, Tsai LM, Chen JH.
9) Role of soluble epoxide hydrolase in the sex-specific vascular response to cerebral ischemia. J Cereb Blood Flow Metab 29(8), p1475-1481(2009): Zhang W, Iliff JJ, Campbell CJ, Wang RK, Hurn PD, Alkayed NJ.  
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
ページの先頭へ