ホーム > 酸化ストレスマーカー技術情報(ページ 1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15  )
酸化ストレスマーカー技術情報
Technical support for oxidative stress biomarkers.  
こちらでは酸化ストレスマーカーの技術情報、学術情報をご紹介しております。皆様のご研究に役立てて頂ければ 幸いです。
またよろしければ、学会や論文等で発表された内容をご紹介頂ければ大変ありがたく思います。
ご質問・コメントなどお気軽にお送り頂けると助かります。 biotech@jaica.comまでお気軽にお知らせください。
対象となるマーカーも徐々に増やしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は責を負いませんので予めご了承ください。また、製品の価格、仕様、試薬構成、測定手順等は、製造元の都合により予告無く変更される 場合があります。
分類 製品名 (下記をクリック)


New/高感度8-OHdG Check 技術情報 文献
抗8-OHdGモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗TGモノクローナル抗体 技術情報 文献




ヘキサノイルリジン(HEL)測定キット 技術情報 文献
抗HELモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗4-HNEモノクローナル抗体 技術情報 文献
尿中イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
血清イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)ELISA測定キット 技術情報 文献
抗マロンジアルデヒド(MDA)抗体 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 測定キット 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 自己抗体測定キット 技術情報 文献
抗ヒト酸化LDL抗体 技術情報 文献
抗アクロレイン(ACR)抗体 技術情報 文献
抗4-HHEモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗クロトンアルデヒド(CRA)抗体 技術情報 文献
抗7ケトコレステロール(7-KC)抗体 技術情報 文献
アクロレイン測定用ELISAキット(販売終了) 技術情報 文献

抗Nε-(carboxymethyl)lysine: CML抗体 技術情報 文献
抗メチルグリオキザール(MG)抗体 技術情報 文献




カルボニル化蛋白測定キット 技術情報 文献
カルボニル化蛋白測定キット(ヒト/動物用) 技術情報 文献
ヒト血清 カルボニル化蛋白質 測定キット 技術情報 文献
タンパク質過酸化物(AOPP)測定キット 技術情報 文献
血漿ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
抗ニトロトリプトファン(NW)モノクローナル抗体 技術情報 文献
ジチロシン(DT)測定キット 技術情報 文献
抗ジチロシン(DT)モノクローナル抗体 技術情報 文献
抗ジブロモチロシン(DiBrY)モノクローナル抗体 技術情報 文献
分類 製品名 (下記をクリック)









SOD活性測定キット(比色法) 技術情報 文献
ヒトCu/Zn-SOD ELISAキット(SOD1) 技術情報 文献
ヒトMn-SOD ELISAキット(SOD2) 技術情報 文献
ヒトec-SOD ELISAキット(SOD3) 技術情報 文献
カタラーゼ活性測定キット(CAT) 技術情報 文献
グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)測定キット 技術情報 文献
グルタチオンレダクターゼ(GR)測定キット 技術情報 文献
ヒト細胞質GPx ELISAキット 技術情報 文献
GST-π測定キット 技術情報 文献
血清ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
尿中ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
血清MPO活性測定キット 技術情報 文献
PMNエラスターゼ測定キット 技術情報 文献









パラオキソナーゼ(arylesterase活性)測定キット 技術情報 文献
パラオキソナーゼ(paraoxonase活性)測定キット 技術情報 文献
チオレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシン還元酵素I ELISAキット 技術情報 文献
ペルオキシレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンIII ELISAキット 技術情報 文献
チオールステータス測定キット 技術情報 文献
ヒト ミオスタチン測定キット 技術情報 文献



抗酸化能測定キット「PAO/PAO-U」 技術情報 文献
抗酸化能測定キット(油脂用)「PAO-SO」 技術情報 文献
グルタチオン測定キット 技術情報 文献
ビタミンC測定キット 技術情報 文献
ペルオキシルラジカル消去活性測定キット 技術情報 文献

14,15-DHET測定キット(高血圧研究マーカー) 技術情報 文献
     
     
先生のご研究をご紹介ください。ご質問もお気軽にどうぞ(メール)
マウス酸化LDL測定用ELISAキット
No. 【タイトル】 【内容】
1 サンプルの採取および調製 ・血清:
  分離材入りの血清採血管を使用し、室温2時間または4℃一晩かけて十分に凝固させます。
  1,000回転 x 20分遠心して血清を分離します。

・血漿:
  抗凝固剤にはEDTAまたはヘパリンを使用できます。
  採血後30分以内に4℃にて1,000回転 x 15分遠心して血漿を分離します。

  保存温度は-20~-80℃です。凍結融解の繰り返しは避けてください。
  保存期間の目安は4℃で5日以内、-20℃で1ヶ月以内、-80℃で2ヶ月以内です。
  溶血は測定結果に影響を与える場合があります。溶血したサンプルへの適用は推奨しません。
  凍結したサンプルの融解は、室温にて行ってください(37℃での融解は避けてください)。

・その他のサンプル:
  1,000回転 x 20分遠心して不溶物を取り除きます。保存温度は-20~-80℃です。
  変性剤や酵素、界面活性剤等の成分は測定値に影響を与える場合があります。

・酸化LDL標品:
  他社製品に含まれる酸化LDLは、本キットに用いている抗体と反応しない場合があります。   これは、本キットで用いている抗体と、他社製品で用いている抗体とではエピトープの構造が 異なっているためと考えられます。
2 キット使用上の注意点 ・キャリブレーターの調製:
  キャリブレーターの調製は使用直前(15分以内)に行ってください。
  室温にて融解し、37℃での融解はしないでください。
  溶解したキャリブレーターは保存できません
  混合の際はゆるやかに実施し、泡立たないようにご注意ください。
  キャリブレーターの系列希釈は、エッペンチューブ等を用いて行ってください。

・洗浄液(x30濃縮):
  結晶が析出した場合には、室温にてゆるやかに撹拌して溶解してください。

・検出試薬AおよびB:
  使用直前に、それぞれ希釈液Aおよび希釈液Bを用いて100倍希釈します。
  希釈した試薬は保存できません。

・その他:
  キャリブレーター、サンプル、試薬の調製時には泡立てないようご注意ください。
  反応時間を均質にするため、ウェルへの分注は10分以内に完了するようにしてください。
  試薬のコンタミネーションにご注意ください。
  インキュベート時にはプレートシールを用いて確実に密閉してください。
  ウェルの乾燥を防ぐよう、分注は10分以内に完了してください。湿度60%以上での実施を推奨します。
  洗浄ステップは測定の品質確保に重要です。洗浄時には液をしっかり切るようにしてください。
  プレート底面に指紋が付いた場合には、ふき取ってから測定してください。
  発色の程度を時々観察しながら(10分間隔程度)、発色反応の時間を30分を超えない範囲で調整してください。
  吸光度が2を大きく超えてしまった場合には、念のため405nmでの吸光度も測定されることをお奨めします。
  TMB試薬は、光が当たると非特異的に発色が進行します。保存および使用時は必ず遮光してください。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1)
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
MDA測定用ELISAキット
No. 【タイトル】 【内容】
1 マウス血清にも適用できますか? 適用可能です。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール)
【参考文献】
1)
ご質問などお気軽にどうぞ(メール)
ラット糖化アルブミン測定キット
No. 【タイトル】 【内容】
1 サンプル調製法 血清:
分離剤入りの採血管に採血し転倒混和、30分静置して十分凝固させます。 1000 x gにて15分間遠心し、血清を回収、ただちに-20℃あるいは-80℃にて凍結保存します。

血漿:
抗凝固剤にはEDTAまたはヘパリンを使用できます。採血後30分以内に 1000 x gにて4℃15分間遠心し、上清を回収、-20℃あるいは-80℃にて凍結保存します。凍結融解は 避けてください。

培養細胞:
遠心にて不溶物を除去し、-20℃あるいは-80℃にて凍結保存します。凍結融解は避けてください。 尚、細胞懸濁液や組織ホモジネートを用いる際には、1/10容量の可溶化バッファーを混和します。
2 サンプルの取扱い 血清、血漿、培養細胞は4℃保存にて7日以内、-20℃保存にて2ヶ月以内、-80℃保存にて 6ヶ月以内に測定してください。凍結融解の繰り返しは避けてください。 加熱処理したサンプルは測定できません。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) Serum glycated albumin as a new glycemic marker in pediatric diabetes.
Lee JW, Kim HJ, Kwon YS, Jun YH, Kim SK, Choi JW, Lee JE.
Ann Pediatr Endocrinol Metab 18(4):208-213(2013)
2) Association of glycated albumin with the presence of carotid plaque in patients with type 2 diabetes.
Sato Y, Nagao M, Asai A, Nakajima Y, Takaya M, Takeichi N, Takemitsu S, Sudo M, Kano-Wakakuri T, Ishizaki A, Harada T, Tanimura-Inagaki K, Okajima F, Tamura H, Sugihara H, Oikawa S.
J Diabetes Investig 4(6),p634-639(2013)
3) Relationship of glycated albumin to blood glucose and HbA1c values and to retinopathy, nephropathy, and cardiovascular outcomes in the DCCT/EDIC study.
Nathan DM, McGee P, Steffes MW, Lachin JM; DCCT/EDIC Research Group.
Diabetes 63(1),p282-290(2014).
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
ページの先頭へ