ホーム > 酸化ストレスマーカー技術情報(ページ 1 / 2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15  )
酸化ストレスマーカー技術情報
Technical support for oxidative stress biomarkers.  
こちらでは酸化ストレスマーカーの技術情報、学術情報をご紹介しております。皆様のご研究に役立てて頂ければ 幸いです。
またよろしければ、学会や論文等で発表された内容をご紹介頂ければ大変ありがたく思います。
ご質問・コメントなどお気軽にお送り頂けると助かります。 biotech@jaica.comまでお気軽にお知らせください。
対象となるマーカーも徐々に増やしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は責を負いませんので予めご了承ください。また、製品の価格、仕様、試薬構成、測定手順等は、製造元の都合により予告無く変更される 場合があります。
分類 製品名 (下記をクリック)


New/高感度8-OHdG Check 技術情報 文献
抗8-OHdGモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗TGモノクローナル抗体 技術情報 文献




ヘキサノイルリジン(HEL)測定キット 技術情報 文献
抗HELモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗4-HNEモノクローナル抗体 技術情報 文献
尿中イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
血清イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)ELISA測定キット 技術情報 文献
抗マロンジアルデヒド(MDA)抗体 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 測定キット 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 自己抗体測定キット 技術情報 文献
抗ヒト酸化LDL抗体 技術情報 文献
抗アクロレイン(ACR)抗体 技術情報 文献
抗4-HHEモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗クロトンアルデヒド(CRA)抗体 技術情報 文献
抗7ケトコレステロール(7-KC)抗体 技術情報 文献
アクロレイン測定用ELISAキット(販売終了) 技術情報 文献

抗Nε-(carboxymethyl)lysine: CML抗体 技術情報 文献
抗メチルグリオキザール(MG)抗体 技術情報 文献




カルボニル化蛋白測定キット 技術情報 文献
カルボニル化蛋白測定キット(ヒト/動物用) 技術情報 文献
ヒト血清 カルボニル化蛋白質 測定キット 技術情報 文献
タンパク質過酸化物(AOPP)測定キット 技術情報 文献
血漿ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
抗ニトロトリプトファン(NW)モノクローナル抗体 技術情報 文献
ジチロシン(DT)測定キット 技術情報 文献
抗ジチロシン(DT)モノクローナル抗体 技術情報 文献
抗ジブロモチロシン(DiBrY)モノクローナル抗体 技術情報 文献
分類 製品名 (下記をクリック)









SOD活性測定キット(比色法) 技術情報 文献
ヒトCu/Zn-SOD ELISAキット(SOD1) 技術情報 文献
ヒトMn-SOD ELISAキット(SOD2) 技術情報 文献
ヒトec-SOD ELISAキット(SOD3) 技術情報 文献
カタラーゼ活性測定キット(CAT) 技術情報 文献
グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)測定キット 技術情報 文献
グルタチオンレダクターゼ(GR)測定キット 技術情報 文献
ヒト細胞質GPx ELISAキット 技術情報 文献
GST-π測定キット 技術情報 文献
血清ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
尿中ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
血清MPO活性測定キット 技術情報 文献
PMNエラスターゼ測定キット 技術情報 文献









パラオキソナーゼ(arylesterase活性)測定キット 技術情報 文献
パラオキソナーゼ(paraoxonase活性)測定キット 技術情報 文献
チオレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシン還元酵素I ELISAキット 技術情報 文献
ペルオキシレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンIII ELISAキット 技術情報 文献
チオールステータス測定キット 技術情報 文献
ヒト ミオスタチン測定キット 技術情報 文献



抗酸化能測定キット「PAO/PAO-U」 技術情報 文献
抗酸化能測定キット(油脂用)「PAO-SO」 技術情報 文献
グルタチオン測定キット 技術情報 文献
ビタミンC測定キット 技術情報 文献
ペルオキシルラジカル消去活性測定キット 技術情報 文献

14,15-DHET測定キット(高血圧研究マーカー) 技術情報 文献
     
     
先生のご研究をご紹介ください。ご質問もお気軽にどうぞ(メール)
パラオキソナーゼ PON-1(アリルエステラーゼ活性)測定キット
No. 【タイトル】 【内容】
1 組織サンプルの調製方法 1) 組織サンプルを10倍量の生理的リン酸緩衝液(50 mM PBS pH7.4)と混合。
2) ホモジネートを調製。
3) 3000 G * 15分遠心、上清を回収し、血清と同様のプロトコルで測定。
4) 測定結果は、予め遠心上清の蛋白濃度を測定しておき、U/mg proteinで表記します。
2 サンプルの安定性について パラオキソナーゼの活性中心にはSH基が存在しており、SH基の酸化は酵素活性に影響を与える可能性があります。 なるべく新鮮なサンプルを使用し、保存する場合には-20℃以下で凍結してください。
尚、血清サンプルは、室温または冷蔵で1週間、-20℃にて6か月、-80℃凍結で12ヶ月程度保存できます。 【参考文献】Nakanishi, et. al: J Atheroscler Thromb 10(6),p337-342(2003)ほか
3 健常者分布について 成人健常者の血清arylesterase活性は 35~285 U/mLを示します(メーカー参考値)。
4 室温でも測定できますか? 室温での測定も可能ですが、パラオキソナーゼ(アリルエステラーゼ活性)の酵素活性(unit)は 37℃で定義されておりますので、論文投稿などをお考えの場合には、少なくとも第一反応を37℃で実施することを お奨めします。尚、酵素活性の定義は文献により異なる場合がありますので、数値比較の際はご注意ください。
5 EDTA血漿への適用について EDTA血漿は適用できません。ヘパリン血漿または血清サンプルをご検討ください。
6 自動分析装置への適用について 本キットは、自動分析装置に適用できるよう設計されております。Abbott Aeroset®におけるパラメータ設定例は 下記の通りです。Abbott®およびAbbott Aeroset®はAbbott Laboratories (USA)の登録商標です。
Sample volume 1μL (serum)
Diluent volume 99μL
Water (Reafent 1) volume 260μL
Diluted sample volume 3μL
Reagent 2 volume 10μL
Reagent 3 volume 80μL
Wavelength Main wavelength 548 mn, secondary wavelength 700 nm (bichromatic)
Reading point End-point measurement. The first absorbance is taken before the mixing of R2 and R3 (as sample blank) and the last absorbance is taken when the reaction trace draws a plateau line (about 3-4 minutes after the mixing).
Calibration type Linear (factor = 1316)
7 実験動物への適用 本キットは動物由来サンプルにも適用可能です。
8 酵素活性の定義について 文献により、アリルエステラーゼの酵素活性( 1unit)の定義を酢酸フェニル 1 mol/min分解とするもの、 酢酸フェニル 1 nmol/min分解とするものがあるようです。文献数値を比較される際にはご注意ください。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) The ratio of serum paraoxonase/arylesterase activity using an improved assay for arylesterase activity to discriminate PON1(R192) from PON1(Q192). J Atheroscler Thromb 10(6),p337-342(2003)
Nakanishi M, Takanami Y, Maruyama T, Murata M, Motohashi Y, Nakano S, Uchida K, Maruyama C, Kyotani S, Tsushima M.
アリルエステラーゼ活性測定法に関する文献です。Q192R多型の型によってパラオキソナーゼ活性/アリルエステラーゼ活性が 異なることが知られています。日本人健常者127名を対象とした試験においてアリルエステラーゼ活性はQQ型で197±39 kU/L、QR型で 147±23 kU/L、RR型で108±20 kU/Lを示すことが報告されています。
2) Bovine paraoxonase 1 activities in serum and distribution in lipoproteins. J Vet Med Sci 67(3),p243-248(2005).
Miyamoto T, Takahashi Y, Oohashi T, Sato K, Oikawa S.
ウシ血清への適用例。パラオキソナーゼ活性とアリルエステラーゼ活性は高い相関性(r=0.962)を示します。
3) The age-related paraoxonase 1 response is altered by long-term caloric restriction in male and female rats.
J Lipid Res 47(9),p2042-2048(2006) Thomas-Moya E, Gianotti M, Proenza AM, Llado I.
ラット血清におけるパラオキソナーゼ/アリルエステラーゼ活性測定例です。40%カロリー制限により 血清アリルエステラーゼ活性が低下することが報告されています。
4) Serum arylesterase and paraoxonase activity in patients with chronic hepatitis. World J Gastroenterol 11(46),p7351-7354(2005)
Suleyman Sirri Kilic, Suleyman Aydin, Nermin Kilic, Fazilet Erman, Suna Aydin, Ilhami Celik
慢性肝炎患者における血清PON-1(アリルエステラーゼ活性:94±36 U/mL)は健常対照(132±52 U/mL)に比べ 有意に低値を示します。
5) Serum paraoxonase and arylesterase activities in patients with lung cancer in a Turkish population. BMC Cancer 7,p48(2007)
Emin T Elkiran, Nefsal Mar, Bilge Aygen, Ferit Gursu, Aziz Karaoglu1 and Suleyman Koca
肺がん患者における血清アリルエステラーゼ活性(39名:137.4±57.6 U/L)は健常対照(39名: 167.7±45 U/L) に対し有意に低値を示します。
6) Arylesterase activity and antioxidant status depend on PON1-Q192R and PON1-L55M polymorphisms in subjects with increased risk of cardiovascular disease consuming walnut-enriched meat. J Nutr 137(7),p1783-1788(2007)
Nus M, Frances F, Librelotto J, Canales A, Corella D, Sanchez-Montero JM, Sanchez-Muniz FJ.
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
パラオキソナーゼ (PON-1:paraoxonase活性)測定キット
No. 【タイトル】 【内容】
1 マイクロプレートリーダーへの適用 37℃恒温機能を持ち、吸光度の経時変化を測定できるマイクロプレートリーダーであれば、本キットを適用できる 場合があります。装置の処理速度により、96穴全ての同時測定が難しい場合があります。 予め、装置の仕様、設定方法をご確認ください。
【実施例】
96穴マイプロプレートを用意します。
マイクロプレートリーダーの温度設定を37℃とし、温度を安定させてください。

Reagent Iを250μL分注し、マイクロプレートリーダー(37℃)にセットしておきます。
(プレートおよび試薬の温度を37℃にします)

マイクロプレートを取出し、サンプル12.5μL/well分注、
直ちにマイクロプレートリーダーに入れ、37℃5分間インキュベートします。

マイクロプレートを取出し、Reagent IIを12.5μL/well分注、
直ちにマイクロプレートリーダー(37℃)に入れ、412nmにおける吸光度を30~60秒間隔で10分間測定します。

【データ解析】
Reagent II分注後の1分当たりの吸光度変化を算出します。
分注後2分間程度は吸光度が不安定な場合がありますので、分注後2分~10分の範囲での算出をお奨めします。 96穴マイクロプレート(直径6.5mm)に275μLの反応液を入れたときの、液の深さ(実質的な光路長)は計算上8.3mmです。 光路長1cm相当となるよう、吸光度変化を換算しておきます。マイクロプレートのサイズは、メーカー、仕様等により 異なる場合があります。予めお手持ちのマイクロプレートをご確認ください。
[酵素活性(U/L)]=[1分当たり吸光度変化]÷18290×22×1000000


【ご注意】
本情報は、本キットのマイクロプレートリーダーへの適用を保証するものではありません。 弊社における実施例においては、良好な再現性、希釈直線性が得られておりますが、 使用されるマイクロプレートリーダー、マイクロプレート等の組合せにより、適用できない、あるいはデータが安定しない ケースも考えられます。予めご了承ください。
2 ヒト・実験動物における測定例 ヒト健常者血清: 1725 U/L
ラット血清: 100~300 U/L
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) Paraoxonase 1: genetics and activities during aging. Rejuvenation Res 11(1), p113-127 (2008).
Marchegiani F, Marra M, Olivieri F, Cardelli M, James RW, Boemi M, Franceschi C.
(パラオキソナーゼと生活習慣病、長寿との関連性に関する総説です)
2) Association between PON 1 polymorphisms, PON activity and diabetes complications. J Diabetes Complications 20(5), p322-328 (2006). Hofer SE, Bennetts B, Chan AK, Holloway B, Karschimkus C, Jenkins AJ, Silink M, Donaghue KC.
(糖尿病患者におけるPON-1遺伝子多型が血清パラオキソナーゼ活性および合併症リスクに関連することが示唆されています)
3) Serum paraoxonase activity in familial hypercholesterolaemia and insulin-dependent diabetes mellitus. Atherosclerosis 86(2-3), p193-199 (1991). Mackness MI, Harty D, Bhatnagar D, Winocour PH, Arrol S, Ishola M, Durrington PN.
(家族性高脂血症および1型糖尿病患者において血清パラオキソナーゼ活性は低値を示します)
4) PON1 status in haemodialysis patients and the impact of hepatitis C infection. Clin Biochem 40(9-10), p609-614 (2007).
Horoz M, Aslan M, Selek S, Koylu AO, Bolukbas C, Bolukbas FF, Celik H, Erel O.
(血清パラオキソナーゼ活性は透析患者およびHCV患者において、健常対照に比べ低値を示します)
5) Paraoxonase and arylesterase activities in coronary artery disease. Eur J Clin Invest 36(11), p779-787 (2006).
Gur M, Aslan M, Yildiz A, Demirbag R, Yilmaz R, Selek S, Erel O, Ozdogru I.
(血清パラオキソナーゼ活性は冠動脈疾患の進展に応じて低値を示します)
6) Assessment of paraoxonase and arylesterase activities in patients with iron deficiency anemia. Atherosclerosis 191(2), p397-402 (2007). Aslan M, Kosecik M, Horoz M, Selek S, Celik H, Erel O.
(鉄欠乏性貧血患者の血清パラオキソナーゼ活性は、健常対照に比べ低値を示します)
7) Serum paraoxonase-1 activity in Helicobacter pylori infected subjects. Atherosclerosis 196(1), p270-274 (2008).
Aslan M, Nazligul Y, Horoz M, Bolukbas C, Bolukbas FF, Gur M, Celik H, Erel O.
(H.ピロリ陽性群では、血清パラオキソナーゼ活性およびアリルエステラーゼ活性は陰性群に比べ低値を示す)
8) Genetic analysis of Paraoxonase (PON1) locus reveals an increased frequency of Arg192 allele in centenarians. Eur J Hum Genet. 10(5), p292-296 (2002). Bonafe M, Marchegiani F, Cardelli M, Olivieri F, Cavallone L, Giovagnetti S, Pieri C, Marra M, Antonicelli R, Troiano L, Gueresi P, Passeri G, Berardelli M, Paolisso G, Barbieri M, Tesei S, Lisa R, De Benedictis G, Franceschi C.
(高齢者ではQ192R遺伝子多型についてQR/RRの出現頻度が高いことが報告されています)
9) Relationship between the esterase paraoxonase-1 (PON1) and metal concentrations in the whole blood of Inuit in Canada.
Chemosphare 120,p479-485(2015).Brian D. Laird, Alexey B. Goncharov, Pierre Ayotte, Hing Man Chan
ParaoxonaseにはPON-1、PON-2、PON-3が知られています。近年の研究によりPON-1はHDLの主要な構成成分の 一つであり、アテローム性動脈硬化病変の防止に重要な役割を果たしていることが明らかにされつつあります。この論文は 弊社キットを使用したものではありませんが、イヌイット族2172名を対象に、血中重金属濃度と血漿PON-1活性との関連性を 報告しています。血漿PON-1活性は血中セレニウム(Se)濃度と有意な正の相関を示すこと、また、カドミウム濃度(Cd)濃度と 有意な負の相関を示します。著者らはPON-1活性はセレニウム等の金属による影響を受けること、セレニウムの豊富な イヌイット族の伝統食が、イヌイット族に健康効果をもたらしている可能性について示唆しています。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
ページの先頭へ