ホーム > 気管支肺胞洗浄液(Bronchoalveolar Lavage Fluid:BALF)中のバイオマーカー
受託検査:気管支肺胞洗浄液(Bronchoalveolar Lavage Fluid:BALF)中のバイオマーカーに関する学術情報  


【気管支肺胞洗浄液(Bronchoalveolar Lavage Fluid:BALF)】
気管支肺胞洗浄液(BALF)は比較的低侵襲で、肺胞・細気管支の情報を得ることができます。
本ページでは気管支肺胞洗浄液中のバイオマーカーに関する文献情報をご紹介します。弊社の研究用試薬や受託検査で 測定できる可能性がありますが、必ずしも測定可能、あるいは検出レンジに納まることを示すものではありません。 弊社製品リストにないマーカーにつきましても、手配可能、受託分析可能なケースがありますので、 お気軽にご相談ください。
項目名 概要 参考文献 受託
分析
蛋白濃度 LPS投与ラットで上昇、ケルセチン投与で上昇抑制
放射線障害マウスで低下
タバコ煙曝露マウスで上昇、EPA投与で抑制
Arch Med Sci 11(2),p427-432(2015)
J Pulm Respir Med 4(6)2014
Front Physiol 5:440(2014)
問合
好中球数
白血球数
LPS投与ラットで増加、ケルセチン投与で増加抑制
タバコ煙曝露モルモット(COPD)で白血球数増加
放射線障害マウスで減少
タバコ煙曝露マウスで増加、EPA投与で増加抑制
Arch Med Sci 11(2),p427-432(2015)
BMC Complement Altern Med 15:39(2015)
J Pulm Respir Med 4(6)2014
Front Physiol 5:440(2014)
不可
TNF-α LPS投与ラットで上昇、ケルセチン投与で上昇抑制
アレルギー性気管支炎マウスで上昇
PM2.5曝露ラット
Arch Med Sci 11(2),p427-432(2015)
PLoS ONE 10(4):e0122986(2015)
IntJ Envir Res Pub Health 11,p12915(2014)
問合
IL-6 LPS投与ラットで上昇、ケルセチン投与で上昇抑制
アレルギー性気管支炎マウスで一過性に上昇
PM2.5曝露ラット
Arch Med Sci 11(2),p427-432(2015)
PLoS ONE 10(4):e0122986(2015)
IntJ Envir Res Pub Health 11,p12915(2014)
問合
NO/NOx インフルエンザ感染マウス
放射線障害マウスでNO上昇
PLoS ONE 10(6): e0130248(2015)
J Pulm Respir Med 4(6)2014
不可
CRP PM2.5曝露ラット IntJ Envir Res Pub Health 11,p12915(2014) 問合
IL-1β 放射線障害マウスで上昇 J Pulm Respir Med 4(6)2014 問合
IL-4 アレルギー性気管支炎マウスで上昇 PLoS ONE 10(4):e0122986(2015) 問合
IL-8 タバコ煙曝露モルモット(COPD)で僅かに上昇
PM2.5曝露ラット
BMC Complement Altern Med 15:39(2015)
IntJ Envir Res Pub Health 11,p12915(2014)
問合
IL-13 アレルギー性気管支炎マウスで上昇 PLoS ONE 10(4):e0122986(2015) 問合
TGF-β1 アレルギー性気管支炎マウスで上昇 PLoS ONE 10(4):e0122986(2015) 問合
KC アレルギー性気管支炎マウスで上昇 PLoS ONE 10(4):e0122986(2015) 問合
Eotaxin-1 アレルギー性気管支炎マウスで上昇 PLoS ONE 10(4):e0122986(2015) 問合
RANTES アレルギー性気管支炎マウスで上昇 PLoS ONE 10(4):e0122986(2015) 問合
グルタミン酸 ブレオマイシン障害マウス PLoS ONE 10(5): e0125873(2015) 問合
Glutaredoxin 1 (Glrx1) アレルギー性気管支炎マウスで上昇 PLoS ONE 10(4):e0122986(2015) 問合
抗酸化能 腹腔鏡胆嚢摘出術および腹壁ヘルニア患者 Scientific World Journal 2015:612642(2015)
チオール基(SH)
グルタチオン(GSH/GSSG)
タバコ煙曝露モルモット(COPD)でチオール減少
アレルギー性気管支炎マウスで一過性に上昇
BMC Complement Altern Med 15:39(2015)
PLoS ONE 10(4):e0122986(2015)
問合
マロンジアルデヒド(MDA) 放射線障害マウスで上昇
腹腔鏡胆嚢摘出術および腹壁ヘルニア患者
J Pulm Respir Med 4(6)2014
Scientific World Journal 2015:612642(2015)
酸化度(TOS) 腹腔鏡胆嚢摘出術および腹壁ヘルニア患者 Scientific World Journal 2015:612642(2015) 問合
パラオキソナーゼ(PON-1) 腹腔鏡胆嚢摘出術および腹壁ヘルニア患者 Scientific World Journal 2015:612642(2015)
グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx) 腹腔鏡胆嚢摘出術および腹壁ヘルニア患者 Scientific World Journal 2015:612642(2015)
MPO Quartz吸引ラット
マスタードガス吸引ラット
Respiratory Research 6:129(2005)
Free Rad Biol Med 48(9):p1188-1196(2010)
問合
過酸化水素 Quartz吸引ラット Respiratory Research 6:129(2005) 問合
LDH マスタードガス吸引ラット Free Rad Biol Med 48(9):p1188-1196(2010) 問合
測定キットに関するご質問      |     受託検査に関するご質問
その他の受託検査項目:日本老化制御研究所,酸化ストレス,生化学検査,バイオマーカー,抗酸化,抗酸化,ビタミン,アンチオキシダント,効果,論文,文献,アッセイ,測定,唾液,グルコース,血糖,ストレス,疲労,炎症,IgA,コルチゾール
【ご注意】 弊社の提供する試薬、受託分析サービス等は全て研究用です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。
弊社ホームページに掲載されている酸化ストレス研究用試薬/受託分析に関する 商品情報、文献情報等は、お客様の研究のための参考資料としてご紹介するものです。 これらの情報は研究用のバイオマーカーの臨床的意義を示すものではなく、また臨床検査や医療活動等に用いることを 推奨するものでもありません。
内容を引用される場合には、出典として「日本老化制御研究所」または「JaICA」と記載するようにお願いいたします。 また、図や写真を引用される場合には 弊社の書面による許諾を必ず事前に得るようにしてください。 弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は 責を負いませんので予めご了承ください。
ページの先頭へ