ホーム > 酸化ストレスマーカー技術情報(ページ 1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15  )
酸化ストレスマーカー技術情報
Technical support for oxidative stress biomarkers.  
こちらでは酸化ストレスマーカーの技術情報、学術情報をご紹介しております。皆様のご研究に役立てて頂ければ 幸いです。
またよろしければ、学会や論文等で発表された内容をご紹介頂ければ大変ありがたく思います。
ご質問・コメントなどお気軽にお送り頂けると助かります。 biotech@jaica.comまでお気軽にお知らせください。
対象となるマーカーも徐々に増やしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は責を負いませんので予めご了承ください。また、製品の価格、仕様、試薬構成、測定手順等は、製造元の都合により予告無く変更される 場合があります。
分類 製品名 (下記をクリック)


New/高感度8-OHdG Check 技術情報 文献
抗8-OHdGモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗TGモノクローナル抗体 技術情報 文献




ヘキサノイルリジン(HEL)測定キット 技術情報 文献
抗HELモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗4-HNEモノクローナル抗体 技術情報 文献
尿中イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
血清イソプラスタン測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)測定キット 技術情報 文献
マロンジアルデヒド(MDA)ELISA測定キット 技術情報 文献
抗マロンジアルデヒド(MDA)抗体 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 測定キット 技術情報 文献
ヒト酸化LDL 自己抗体測定キット 技術情報 文献
抗ヒト酸化LDL抗体 技術情報 文献
抗アクロレイン(ACR)抗体 技術情報 文献
抗4-HHEモノクローナル抗体 技術情報 文献
抗クロトンアルデヒド(CRA)抗体 技術情報 文献
抗7ケトコレステロール(7-KC)抗体 技術情報 文献
アクロレイン測定用ELISAキット(販売終了) 技術情報 文献

抗Nε-(carboxymethyl)lysine: CML抗体 技術情報 文献
抗メチルグリオキザール(MG)抗体 技術情報 文献




カルボニル化蛋白測定キット 技術情報 文献
カルボニル化蛋白測定キット(ヒト/動物用) 技術情報 文献
ヒト血清 カルボニル化蛋白質 測定キット 技術情報 文献
タンパク質過酸化物(AOPP)測定キット 技術情報 文献
血漿ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
ニトロチロシン(NT)測定キット 技術情報 文献
抗ニトロトリプトファン(NW)モノクローナル抗体 技術情報 文献
ジチロシン(DT)測定キット 技術情報 文献
抗ジチロシン(DT)モノクローナル抗体 技術情報 文献
抗ジブロモチロシン(DiBrY)モノクローナル抗体 技術情報 文献
分類 製品名 (下記をクリック)









SOD活性測定キット(比色法) 技術情報 文献
ヒトCu/Zn-SOD ELISAキット(SOD1) 技術情報 文献
ヒトMn-SOD ELISAキット(SOD2) 技術情報 文献
ヒトec-SOD ELISAキット(SOD3) 技術情報 文献
カタラーゼ活性測定キット(CAT) 技術情報 文献
グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)測定キット 技術情報 文献
グルタチオンレダクターゼ(GR)測定キット 技術情報 文献
ヒト細胞質GPx ELISAキット 技術情報 文献
GST-π測定キット 技術情報 文献
血清ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
尿中ミエロペルオキシダーゼ(MPO)測定キット 技術情報 文献
血清MPO活性測定キット 技術情報 文献
PMNエラスターゼ測定キット 技術情報 文献









パラオキソナーゼ(arylesterase活性)測定キット 技術情報 文献
パラオキソナーゼ(paraoxonase活性)測定キット 技術情報 文献
チオレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト チオレドキシン還元酵素I ELISAキット 技術情報 文献
ペルオキシレドキシン活性測定キット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンI ELISAキット 技術情報 文献
ヒト ペルオキシレドキシンIII ELISAキット 技術情報 文献
チオールステータス測定キット 技術情報 文献
ヒト ミオスタチン測定キット 技術情報 文献



抗酸化能測定キット「PAO/PAO-U」 技術情報 文献
抗酸化能測定キット(油脂用)「PAO-SO」 技術情報 文献
グルタチオン測定キット 技術情報 文献
ビタミンC測定キット 技術情報 文献
ペルオキシルラジカル消去活性測定キット 技術情報 文献

14,15-DHET測定キット(高血圧研究マーカー) 技術情報 文献
     
     
ご質問はこちら(メール) 先生のご研究をご紹介ください。質問もお気軽にどうぞ。
抗4-HNEモノクローナル抗体
No. 【タイトル】 【内容】
1 適用可能な動物種 ヒト、ウサギ、ラットなど幅広い動物種に適用可能です。
マウス組織への適用の際には、組織サンプル由来のマウスIgGへの対策が必要です。
例えばVector社Vector M.O.M. Immunodetection kit(フナコシより入手可能)が利用可能と思われます。
マウスへの適用例をご存知の先生がいらっしゃいましたらご紹介頂けると大変助かります。
⇒ぜひbiotech@jaica.comまでご一報ください。
2 免疫組織染色プロトコル ⇒詳細はこちらをご参照ください。

4-HNEは脂質酸化によって発生し、蛋白質中のLys/His/Arg残基に結合して、安定な付加体を形成します。 抗4-HNEモノクローナル抗体(clone HNEJ-2)は主に4-HNEのHis付加体を認識いたします。染色部位は主に細胞質となりますが、 サンプルによっては細胞核が染色される場合もあります。最近になって蛋白質だけでなくDNAも4-HNE修飾を受けることが報告 されております。clone HNEJ-2は4-HNEのDNA付加体にも結合すると考えられます。
3 ウェスタンブロット 抗4-HNE抗体はウェスタンブロットにも適用可能です。この場合には免疫組織染色の場合よりも低濃度 (例:2.15 〜15 μg/mL)にて実施してください。

【参考文献】:
The monoclonal antibody specific for the 4-hydroxy-2-nonenal histidine adduct. FEBS Lett. Vol.359, p189-191 (1995), S Toyokuni, et. al.
抗体の特異性データ、4-HNE-BSAコンジュゲートの調製およびウェスタンブロットの実施例。

Differential Effects of High Glucose and Methylglyoxal on Viability and Polyol Metabolism in Immortalized Adult Mouse Schwann Cells. Open Diabetes J. 1, p1-11(2008),K Sango, et. al. マウス由来 培養神経細胞を対象に、ウェスタンブロットで4-HNE修飾蛋白を検出。この文献では主要なバンドが5本検出され、 ストレスの強度依存的にバンドの染色が強くなることが観察されています。

尚、遊離4-HNEの分子量は156.2Daです。
和光純薬工業(株) より入手可能です(Cayman Chemical製 4-ヒドロキシノネナール code.321000)。
4 フローサイトメトリーへの適用 細胞表面に4-HNE修飾蛋白質が存在している場合には、フローサイトメトリーによる検出ができる可能性が あると考えられますが、現在のところ4-HNEをフローサイトメトリーにて測定した文献は無いようです。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) S.Toyokuni, N.Miyake, H.Hiai, M.Hagiwara, S.Kawakishi, T.Osawa and K.Uchida:
The monclonal antibody specific for the 4-hydroxy-2-nonenal histidine adduct.
FEBS Lett. 359, p189-191 (1995)
2) T.Tanaka, Y.Nishiyama, K.Okada, K.Hirota, M.Matsui, J.Yodoi, H.Hiai, and S.Toyokuni:
Induction and nuclear translocation of thioredoxin by oxidative damage in the mouse kidney: independence of tubular necrosis and sulfhydryl depletion.
Lab. Invest. 77(2), p145-155 (1997)
3) Y.Hattori, C.Nishigori, T.Tanaka, K.Uchida, O.Nikaido, T.Osawa, H.Hiai, S.Imamura, and S.Toyokuni:
8-Hydroxy-2・deoxyguanosine is increased in epidermal cells of hairless mice after chronic ultraviolet B exposure.
J. Invest. Dermatol. 107, p733-737 (1997)
4) S.Toyokuni:
Reactive oxygen species-induced molecular damage and its application in pathology.
Pathol. Internat. 49, p91-102 (1999)
5) S.Kondo, S.Toyokuni, Y.Iwasa, T.Tanaka, H.Onodera, H.Hiai and M.Imamura:
Persistent oxidative stress in human colorectal carcinoma, but not in adenoma.
Free Rad. Biol. Med. 27, p401-410 (1999)
6) T.D. Oberley, S.Toyokuni, and L.I.Szweda:
Localization of hydroxynonenal protein adducts in normal human kidney and selected human kidney cancers.
Free Rad. Biol. Med. 27, p695-703 (1999)
7) Hiroko Kimura, Masahiro Mukaida, Kyoko Kuwabara, Teruyo Ito, Kimikazu Hashino, Koji Uchida, Kazuko Matsumoto and Ken-ichi Yoshida:
4-Hydroxynonenal modifies IgA in rat intestine after lipopolysaccharide injection.
Free Radical Biology and Medicine, 41(6), p973-978 (2006)
LPS刺激したラット腸において4-HNE修飾IgAが免疫学的に検出されています。
8) Zhang N, Komine-Kobayashi M, Tanaka R, Liu M, Mizuno Y, Urabe T:
Edaravone reduces early accumulation of oxidative products and sequential inflammatory responses after transient focal ischemia in mice brain.
Stroke. 36(10):p2220-2225(2005)
マウスに対し60分間虚血⇒再灌流処置。再灌流開始24h/72h/7日後の4-HNEを免疫組織染色にて測定。 エダラボン投与penumbra 部における4-HNE修飾蛋白質は減少。
9) Fiorella Biasi, Barbara Vizio, Cinzia Mascia, Ezio Gaia, Neven Zarkovic, Elena Chiarpotto, Gabriella Leonarduzzi and Giuseppe Poli :
c-Jun N-terminal kinase upregulation as a key event in the proapoptotic interaction between transforming growth factor-β1 and 4-hydroxynonenal in colon mucosa
Free Radical Biology and Medicine 41(3), p443-454(2006)
4-HNEはJNK活性化によりアポトーシスを惹起する。
10) Isabella Dalle-Donne, Marina Carini, Giulio Vistoli, Luca Gamberoni, Daniela Giustarini, Roberto Colombo, Roberto Maffei Facino, Ranieri Rossi, Aldo Milzani and Giancarlo Aldini:
Actin Cys374 as a nucleophilic target of α,β-unsaturated aldehydes
Free Radical Biology and Medicine 42(5), p583-598(2007)
アクチンに対する4-HNE/Acrolein付加体形成は主にCys374を対象に起きる。
11) Shintaro Kodai, Shigekazu Takemura, Yukiko Minamiyama, Seikan Hai, Satoshi Yamamoto, Shoji Kubo, Yasukazu Yoshida, Etsuo Niki, Shigeru Okada, Kazuhiro Hirohashi, Shigefumi Suehiro:
S-allyl cysteine prevents CCl4-induced acute liver injury in rats.
Free Radical Research 41(4), p489-497(2007)
CCl4投与ラット肝のウェスタンブロット解析。28kD、46kD、50kDのバンドが検出されています。
12) Tai-Ho Hung, Jeremy N. Skepper, and Graham J. Burton:
In Vitro Ischemia-Reperfusion Injury in Term Human Placenta as a Model for Oxidative Stress in Pathological Pregnancies.
American Journal of Pathology 159(3), p1031-1043(2001)
ヒト胎盤を対象とした研究例です。免疫組織染色とウェスタンブロットで4-HNEを検出しています。
13) Sango K, Yanagisawa H, Kato K, Kato N, Hirooka H, Watabe K:
Differential Effects of High Glucose and Methylglyoxal on Viability and Polyol Metabolism in Immortalized Adult Mouse Schwann Cells. Open Diabetes J. 1, p1-11(2008)
マウス由来 培養神経細胞を対象にメチルグリオキザール(methylglyoxal: MG)及び糖負荷を行い、4-HNEを免疫染色および ウェスタンブロットにより検出しています。
14) Wei-Yi Ong,Andrew M. Jenner,Ning Pan,Choon-Nam Ong,Barry Halliwell:
Elevated oxidative stress, iron accumulation around microvessels and increased 4-hydroxynonenal immunostaining in zone 1 of the liver acinus in hypercholesterolemic rabbits.
Free Radical Research 43(3), p241-249(2009)
高コレステロール食(1%コレステロール・8週間)を投与したウサギ肝臓において、4-HNEが 増加することが報告されています。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
抗ジブロモチロシン(DiBrY)モノクローナル抗体
No. 【タイトル】 【内容】
1 適用可能な動物種 ヒト、ウサギ、ラットなど幅広い動物種に適用可能です。
マウス組織への適用の際には、組織サンプル由来のマウスIgGへの対策が必要です。
例えばVector社Vector M.O.M. Immunodetection kit (フナコシより入手可能)が利用可能と思われます。
抗HEL抗体による免疫組織染色データをひろく集め、皆様のご研究に役立てたいと考えております。
⇒ぜひ実験例をbiotech@jaica.comまでご一報ください。 どうぞよろしくお願い申し上げます。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) Wu W, Chen Y, d'Avignon A, Hazen SL.
3-Bromotyrosine and 3,5-dibromotyrosine are major products of protein oxidation by eosinophil peroxidase: potential markers for eosinophil-dependent tissue injury in vivo.
Biochemistry 38(12), p3538-3548(1999)
2) Kato Y, Kawai Y, Morinaga H, Kondo H, Dozaki N, Kitamoto N, Osawa T.
Immunogenicity of a brominated protein and successive establishment of a monoclonal antibody to dihalogenated tyrosine.
Free Radic Biol Med. 38(1), p24-31(2005) 本抗体の特異性に関する文献です。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
抗ジチロシン(DT)モノクローナル抗体
No. 【タイトル】 【内容】
1 適用可能な動物種 ヒト、ウサギ、ラットなど幅広い動物種に適用可能です。
マウス組織への適用の際には、組織サンプル由来のマウスIgGへの対策が必要です。
例えばVector社Vector M.O.M. Immunodetection kit (フナコシより入手可能)が利用可能と思われます。
抗DT抗体による免疫組織染色データをひろく集め、皆様のご研究に役立てたいと考えております。
⇒ぜひ実験例をbiotech@jaica.comまでご一報ください。 どうぞよろしくお願い申し上げます。
2 Western Blottingへの適用 Western Blottingに用いる抗体濃度は0.1〜1μg/mLをお奨めします。
サンプルの種類や実験条件等に依存しますが、バンドは複数またはスメアに検出される可能性があります。 これはサンプル中の複数の蛋白質が酸化損傷(ジチロシン生成)を受けている可能性があること、 また、酸化条件により蛋白質内および蛋白質間のクロスリンク、切断、凝集が起きている等の可能性が考えられます。
3 陽性コントロールの調製方法 ジチロシン修飾蛋白質は、下記の方法で調製できます。
ウシ レンズ蛋白質(例:SIGMA code. L2394又はC4163など)0.5 mg/mL
H2O2: 5 mM
CuSO4: 0.05 mM
上記を0.1M リン酸バッファー(pH7.4)中にて37℃数時間インキュベート。
0.1 mM EDTA(終濃度)を添加して反応停止させ、PBSにて透析。
4 ラット腎における染色条件例 【切片】パラフィン包埋切片(10%中性緩衝ホルマリン固定)
【抗体希釈倍率】100倍 (1 ug/mL)
【反応条件】4℃、overnight
【過酸化水素処理】あり 3%過酸化水素
【抗原賦活化】なし(マイクロウェーブ5,10,15分処理よりもよく染まる場合がある)
【増感法】アミノ酸ポリマー(ニチレイ シンプルステイン MAX-PO (M) 30分 室温)
【酵素】ペルオキシダーゼ
【基質】DAB
※出典 Kimoto Y, et. al.; J Vet Med Sci. 73(3), p403-407 (2011)
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) Kato Y, Wu X, Naito M, Nomura H, Kitamoto N, Osawa T.
Immunochemical detection of protein dityrosine in atherosclerotic lesion of apo-E-deficient mice using a novel monoclonal antibody.
Biochem Biophys Res Commun 275(1), p11-15 (2000).
2) Kato Y, Kitamoto N, Kawai Y, Osawa T.
The hydrogen peroxide/copper ion system, but not other metal-catalyzed oxidation systems, produces protein-bound dityrosine.
Free Radic Biol Med 31(5), p624-632 (2001)
3) Matsuzaki M, Hasegawa T, Takeda A, Kikuchi A, Furukawa K, Kato Y, Itoyama Y.
Histochemical features of stress-induced aggregates in alpha-synuclein overexpressing cells.
Brain Res 1004(1-2), p83-90(2004)
4) Atwood CS, Perry G, Zeng H, Kato Y, Jones WD, Ling KQ, Huang X, Moir RD, Wang D, Sayre LM, Smith MA, Chen SG, Bush AI.
Copper mediates dityrosine cross-linking of Alzheimer's amyloid-beta.
Biochemistry 43(2), p560-568 (2004)
Cu酸化処理により重合した、ベータアミロイド蛋白質においてジチロシンが検出されています。
5) Shamoto-Nagai M, Maruyama W, Kato Y, Isobe K, Tanaka M, Naoi M, Osawa T.
An inhibitor of mitochondrial complex I, rotenone, inactivates proteasome by oxidative modification and induces aggregation of oxidized proteins in SH-SY5Y cells.
J Neurosci Res 74(4), p589-597 (2003)
6) Son TG, Zou Y, Yu BP, Lee J, Chung HY.
Aging effect on myeloperoxidase in rat kidney and its modulation by calorie restriction.
Free Radic Res 39(3), p283-289 (2005)
7) Son TG, Zou Y, Jung KJ, Yu BP, Ishigami A, Maruyama N, Lee J.
SMP30 deficiency causes increased oxidative stress in brain.
Mech Ageing Dev 127(5), p451-457 (2006)
8) Fukuchi Y, Miura Y, Nabeno Y, Kato Y, Osawa T, Naito M:
Immunohistochemical detection of oxidative stress biomarkers, dityrosine and N(epsilon)-(hexanoyl)lysine, and C-reactive protein in rabbit atherosclerotic lesions. J Atheroscler Thromb 15(4)p185-192(2008)
ウサギ動脈硬化病巣においてジチロシンが免疫学的に検出されています。
9) Kimoto Y, Sugiyama A, Nishinohara M, Asano A, Masuda A, Ochi T, Takeuchi T.
Expressions of protein oxidation markers, dityrosine and advanced oxidation protein products in Cisplatin-induced nephrotoxicity in rats. J Vet Med Sci. 73(3), p403-407 (2011)
シスプラチン障害ラット腎における染色例です。
10) Sugiyama A, Fujita Y, Kobayashi T, Ryu M, Suzuki Y, Masuda A, Ochi T, Takeuchi T.
Effect of protein malnutrition on the skin epidermis of hairless mice. J Vet Med Sci. 73(6), p831-835 (2011)
マウス皮膚における染色例です。
11) Sun J, Sugiyama A, Masuda A, Ochi T, Takeuchi T.
Expressions of protein oxidation markers, dityrosine and advanced oxidation protein products in acetaminophen-induced liver injury in rats. J Vet Med Sci. 73(9), p1185-1190 (2011)
アセトアミノフェン障害ラット肝における染色例です。
12) Dominik Levigne, Ali Modarressi, Karl-Heinz Krause, Brigitte Pittet-Cuenod
NADPH oxidase 4 deficiency leads to impaired wound repair and reduced dityrosine-crosslinking, but does not affect myofibroblast formation. Free Radical Biology and Medicine 96, p374-384(2016)
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
ジチロシン(DT)測定キット
No. 【タイトル】 【内容】
1 開封後の有効期限 開封後(2次抗体溶解後)、冷蔵保存にて1週間ご使用いただけます。尚、マイクロプレートに貼付してある シールを剥離後は、必ず当日中にご使用ください。
2 血清/血漿への適用について 適用できる可能性はありますが、現在のところ実施例はございません。
3 マウス尿サンプルへの適用 生理食塩水にて20倍程度に希釈して測定することをお奨めします。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) Hattori Y, Mukaide T, Jiang L, Kotani T, Tsuda H, Mano Y, Sumigama S, Hirayama T, Nagasawa H, Kikkawa F, Toyokuni S:Catalytic ferrous iron in amniotic fluid as a predictive marker of human maternal-fetal disorders. J Clin Biochem Nutr 56(1),p57-63(2015) doi: 10.3164/jcbn.14-82
羊水への適用例です。周産期に応じて羊水ジチロシン濃度が変動することが報告されています。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
抗チミジングリコール(Thymidine Glycol: TG)抗体
No. 【タイトル】 【内容】
1    
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1) Serum antioxidant capacity and oxidative injury to pulmonary DNA in never-smokers with primary lung cancer.
Anticancer Res. 32(3),p1063-1067(2012)
Ito K, Yano T, Morodomi Y, Yoshida T, Kohno M, Haro A, Shikada Y, Okamoto T, Maruyama R, Maehara Y.
肺がん患者組織におけるTG免疫組織染色例です。肺がん患者において、喫煙者肺組織のTG陽性細胞率は 喫煙経験のない患者肺組織に比べ有意に高値を示します。
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
抗ニトロトリプトファン(Nitrotryptophan: NW)抗体
No. 【タイトル】 【内容】
1    
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
【参考文献】
1)
ご質問などお気軽にどうぞ(メール) 製品情報に戻る
ページの先頭へ