ホーム > 唾液中のバイオマーカー
受託検査:唾液中のバイオマーカーに関する学術情報  


【唾液:非侵襲で測定可能なバイオマーカーの宝庫】
唾液で測定可能なバイオマーカーに関する学術情報です。唾液は非侵襲的に採取できる貴重な生体試料ですが、 尿や血清に比べ、測定可能な項目が少ないこと、唾液腺によって成分が異なるケースがあることから、 限られた用途にのみ、用いられてきました。近年、測定技術の発達により、唾液でも測定可能な項目が 飛躍的に増加し、疾患との関連性や、血清濃度との相関性が明らかにされつつあります。

ヒトをはじめとする動物には、複数の唾液腺があり、それぞれの唾液腺の成分は必ずしも同一ではありません。 また、採取法にも吸引法、吐出法、スワブ法などが知られており、採取法によって測定値が異なるケースが知られています。

本ページでは唾液バイオマーカーに関する文献情報をご紹介します。弊社の研究用試薬や受託検査で 測定できる可能性がありますが、必ずしも測定可能、あるいは検出レンジに納まることを示すものではありません。 弊社製品リストにないマーカーにつきましても、手配可能、受託分析可能なケースがありますので、 お気軽にご相談ください。
項目名 概要 参考文献 受託
分析
8-OHdG 歯周炎で高値
胎児期におけるヒ素曝露群で高値
Free Radical Biol Med 46(7), p914-921(2009)
Toxicol Appl Pharmacol 273(3),p569-579(2013)
MDA(TBARS法)
マロンジアルデヒド
喫煙者
ダウン症患者において高値
2型糖尿病患者で高値
多発性硬化症患者において51%高値(p<0.01)
口腔粘膜炎症(OLP)患者で高値(p<0.001)
Turk J Med Sci 44(2),p208-211(2014)
Arch Oral Biol. 60(4),p600-605(2014)
Diab Vasc Dis Res 8(1),p22-28(2011)
Clin Biochem 48(1-2),p24-28(2015)
Chonnam Med J 50(2),p58-62(2014)
AGE
糖化最終産物
多発性硬化症患者において49%高値(p<0.01) Clin Biochem 48(1-2),p24-28(2015)
総抗酸化能 2型糖尿病患者で有意に低値
ラット プロポリス投与で低減抑制
多発性硬化症患者において38%低値(p<0.05))
口腔粘膜炎症(OLP)患者で低値(p<0.001)
脳性麻痺患者(小児)で低値
口腔白板症および扁平上皮癌患者で高値
太極拳により唾液抗酸化能上昇
N Am J Med Sci 5(1),p51-57(2013)
J Dent Res Dent Clin Dent Pros8(4),p235-239(2014)
Clin Biochem 48(1-2),p24-28(2015)
Chonnam Med J 50(2),p58-62(2014)
J Clin Pediatr Dent 38(3),p235-239(2014)
J Oral Sci 56(2),p135-142(2014)
Oxid Med Cell Longev 603853(2014)
グルタチオン
GSH
2型糖尿病患者で有意に低値
口腔白板症および扁平上皮癌患者で低値
Diab Vasc Dis Res 8(1),p22-28(2011)
J Oral Sci 56(2),p135-142(2014)
カルボニル化蛋白
Protein Carbonyl
心理ストレス(ヒト)で高値 PLoS One 9(12),e115048(2014)
SOD ダウン症患者において高値
太極拳により唾液SOD活性上昇
歯周炎、鉄欠乏性貧血患者で低値
Arch Oral Biol. 60(4),p600-605(2014)
Oxid Med Cell Longev 603853(2014)
J Periodontal Implant Sci 44(2),p57-64(2014)
IgA 長時間の運動負荷で低下。
ストレスおよび免疫能の指標として用いられます
Appl Physiol Nutr Metab 39(5),p560-565(2014)
コルチゾール ストレスマーカーとして繁用。血漿濃度と相関。
唾液中には遊離コルチゾールのみ存在。
Med Arch 67(5),p374-377(2013)
メラトニン注) 鬱スコア高値群では唾液メラトニンが高値。 Int J Tryptophan Res 6(Suppl 1),p75-85(2013)
クロモグラニンA 心理ストレスで上昇。緑茶摂取で上昇抑制。 J Physiol Anthropol 33(1),p20(2014)
αアミラーゼ 心理ストレス(ヒト)で高値。性差なし。 PLoS One 9(12),e115048(2014)
蛋白濃度 虫歯により唾液蛋白濃度上昇(小児) Caries Res 48(4),p271-275(2014)
グルコース(糖) 血糖値と有意に相関 Curr Opin Endocr Diabetes Obes15(2),p135-141(2008)
インスリン 血清と相関するが血清の1/10程度 Endocr Connect 1(2),p58-61(2012)
アディポネクチン注)
Adiponectin
血清濃度と有意に相関(r=0.347 p=0.019)。
スワブ法採取では血清との相関なし。
Peptides 33(1),p120-124(2012)
Scand J Clin Lab Invest 68(8),p823-825(2008)
レジスチン
Resistin
血清濃度と有意に相関 Int J Endocrinol 359724(2012)
CRP 濃度は論文によって大きく異なる。
血漿濃度との相関性も論文により異なる。
Biomark Med 4(1),p171-189(2010)
IL-1β注) 心理ストレスで上昇。乾癬患者で高値。 Arch Med Res 38(2),p206-211(2007)
IL-6注) 唾液IL-6濃度は血漿と有意に相関。 Nurs Res Pract 246178(2012)
mRNA イヌの運動負荷/熱負荷に伴い、唾液中の
mRNA(GLUT4/COX2/SOD1/HSP70)上昇
Animal 9(1),p104-109(2015)
シアル酸
Sialic Acid
脳性麻痺患者(小児)で高値 J Clin Pediatr Dent 38(3),p235-239(2014)
DHEA注) 運動負荷により唾液DHEA上昇。
心理ストレスにより唾液DHEA上昇。
Peptides 49,p27-31(2013)
Psychoneuroendocrinology 41,p33-45(2014)
DHEA-S注)
エストラジオール注)
17β-Estradiol
プロゲステロン注)
テストステロン注) 長時間の運動負荷で低下。 Appl Physiol Nutr Metab 39(5),p560-565(2014)
注):スワブ法による採取が適さない可能性が示唆されている項目。 注記のない項目でもスワブ法では正しく測定できない場合があります。
測定キットに関するご質問      |     受託検査に関するご質問
その他の受託検査項目:日本老化制御研究所,酸化ストレス,生化学検査,バイオマーカー,抗酸化,抗酸化,ビタミン,アンチオキシダント,効果,論文,文献,アッセイ,測定,唾液,グルコース,血糖,ストレス,疲労,炎症,IgA,コルチゾール
【ご注意】 弊社の提供する試薬、受託分析サービス等は全て研究用です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。
弊社ホームページに掲載されている酸化ストレス研究用試薬/受託分析に関する 商品情報、文献情報等は、お客様の研究のための参考資料としてご紹介するものです。 これらの情報は研究用のバイオマーカーの臨床的意義を示すものではなく、また臨床検査や医療活動等に用いることを 推奨するものでもありません。
内容を引用される場合には、出典として「日本老化制御研究所」または「JaICA」と記載するようにお願いいたします。 また、図や写真を引用される場合には 弊社の書面による許諾を必ず事前に得るようにしてください。 弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は 責を負いませんので予めご了承ください。
ページの先頭へ