ホーム > 製品情報 脂質酸化損傷マーカー > ヘキサノイルリジン測定キット [印刷用ページ] Rev.140403
脂質酸化損傷マーカー
Biomarkers for lipid oxidation. oxidative stress 酸化ストレス
ヘキサノイルリジン測定キット
ELISA kit for hexanoyl-lysine adduct (HEL).
(本製品は研究用試薬です。)
【Hexanoyl-lysine : HELとは】
【脂質過酸化の初期を捉えるバイオマーカー】

活性酸素種による脂質の過酸化は、生体機能の障害、疾病、老化に深くかかわっていると考えられています。脂質の過酸化反応において、 初期段階では脂質ペルオキシド、後期段階ではアルデヒドが生成されます。これらの脂質過酸化物は反応性が高いために蛋白質・核酸といった 生体分子と結合して、比較的安定な生成物を形成します。

「ヘキサノイルリジン」(Nε-(Hexanoyl) Lysine: HEL)は1999年に加藤・大澤らの研究グループにより化学的、免疫学的にその生成と存在が 報告された物質であり、リノール酸ヒドロペルオキシドとリジン残基との反応によって生じる新規な脂質-リジン付加体です。 4-HNE (4-hydroxy-2-nonenal)やMDA(malondialdehide)といった従来のアルデヒド系脂質過酸化マーカーとは異なり、脂質過酸化の初期段階を 捉えることが可能な、新たな酸化ストレスバイオマーカーとして期待されています。

疾病との関連性については、 現在までにヒト動脈硬化病変部位に局在することが免疫学的に証明されているほか、ラット運動モデルにおける 筋肉中のHEL生成およびフラボノイドによるその生成抑制効果が明らかにされています。

【ヘキサノイルリジン測定用 ELISAキット】

日本老化制御研究所は、名古屋大学 大澤俊彦先生、兵庫県立大学 加藤陽二先生らの研究グループと共同で、生体試料中のヘキサノイルリジン (HEL)を簡便に測定するELISAキットの開発に成功しました。生体内における酸化ストレス、特に脂質過酸化の初期段階の研究・評価に ご利用いただけます。特に、尿、血清、培養細胞など多様なサンプルを対象に生体中の脂質系酸化ストレスの評価ができる ことから、従来の8-OHdG(水溶性)と組み合わせることにより、生体内の酸化ストレスをより的確に多面的に 捉えることが可能になると期待されます。
【製品仕様】
● 特徴: 生体試料中のヘキサノイルリジン付加体を簡便に定量可能。
● 測定原理: 抗ヘキサノイルリジン抗体を使用した競合ELISA法
● 測定レンジ: 2~700 nmol/L
● 所要時間: 一晩+2時間
● テスト数: 54テスト(N=3測定時には18サンプル)。分割使用可能。
● 必要な器具: マイクロプレートリーダー(測定波長450nm)、低温インキュベーター(4~7℃)、 8チャンネルマイクロピペット(50~250μL)及びトレイ、マイクロピペット(10~50μL用)など
● 保存条件: 冷蔵保存(有効期限は製造日より2年間)
【応用例/関連性の予想される疾患など】
● 糖尿病: 糖尿病患者では健常者に比べ尿中HELが高値を示します(加藤先生 私信)。
● 動脈硬化症: 病変部位におけるHELの存在が免疫組織学的に証明されています1)
● 純化LDL: ヒト純化LDLを酸化処理するとHELが生成されることが示されています(社内データ)。
● ヒト血清: ヒト血清を酸化処理するとHELが生成されることが示されています(社内データ)。
● ラット: ラット運動モデルにおける筋肉組織中のHEL生成および、フラボノイドによる抑制効果が報告されています。
● ラット: ラット血清中にHELが検出されています(社内データ)。
【参考文献】
1) Yoji Kato, Yoko Mori, Yuko Makino, Yasujiro Morimitsu, Sadayuki Hiroi, Toshitsugu Ishikawa, Toshihiko Osawa, Formation of N epsilon-(hexanonyl) lysine in protein exposed to lipid hydroperoxide. J Biol Chem 274(29), p20406-20414 (1999)
2) Yoji Kato, Toshihiko Osawa: Detection of lipid hydroperoxide-derived protein modification with polyclonal antibodies. Methods in Molecular Biology, vol. 186, Oxidative stress biomarkers and antioxidant protocols, D Armstrong, Ed., Human Press Inc., NJ, USA, p37-44
3) Kato Y, Miyake Y, Yamamoto K, Shimomura Y, Ochi H, Mori Y, Osawa T, Preparation of a monoclonal antibody to N(epsilon)-(Hexanonyl)lysine: application to the evaluation of protective effects of flavonoid supplementation against exercise-induced oxidative stress in rat skeletal muscle. Biochem Biophys Res Commun 274(2),p389-393(2000)
4) Ryo K, Yamada H, Nakagawa Y, Tai Y, Obara K, Inoue H, Mishima K, Saito I, Possible involvement of oxidative stress in salivary gland of patients with Sjogren's syndrome. Pathobiology 73(5), p252-260 (2006)
5) Suzuki T, Kazui T, Yamamoto S, Washiyama N, Ohkura K, Ohishi K, Bashar AH, Yamashita K, Terada H, Suzuki K, Akuzawa S, Fujie M, Effect of prophylactically administered edaravone during antegrade cerebral perfusion in a canine model of old cerebral infarction. J Thorac Cardiovasc Surg 133(3),p710-716 (2007)
6) Shimizu K, Ogawa F, Akiyama Y, Muroi E, Yoshizaki A, Iwata Y, Komura K, Bae S, Sato S, Increased Serum Levels of N(epsilon)-(hexanoyl)lysine, A New Marker of Oxidative Stress, in Systemic Sclerosis. J Rheumatol. 2008 Sep 1.
7) Tamura H, Takasaki A, Miwa I, Taniguchi K, Maekawa R, Asada H, Taketani T, Matsuoka A, Yamagata Y, Shimamura K, Morioka H, Ishikawa H, Reiter RJ, Sugino N, Oxidative stress impairs oocyte quality and melatonin protects oocytes from free radical damage and improves fertilization rate. J Pineal Res 44(3),p280-287(2008)
8) Sakamoto Y, Ishikawa T, Kondo Y, Yamaguchi K, Fujisawa M, The assessment of oxidative stress in infertile patients with varicocele. BJU Int 101(12), p1547-1552 (2008)
9) Kageyama Y, Takahashi M, Nagafusa T, Torikai E, Nagano A, Etanercept reduces the oxidative stress marker levels in patients with rheumatoid arthritis. Rheumatol Int 28(3),pp245-251(2008)
10) Rummenie VT, Matsumoto Y, Dogru M, Wang Y, Hu Y, Ward SK, Igarashi A, Wakamatsu T, Ibrahim O, Goto E, Luyten G, Inoue H, Saito I, Shimazaki J, Tsubota K, Tear cytokine and ocular surface alterations following brief passive cigarette smoke exposure. Cytokine 43(2),p200-208(2008)
11) K Sakai, S Kino, A Masuda, M Takeuchi, T Ochi, J Osredkar, B Rejc, K Gersak, N Ramarathnam, Y Kato:
Determination of HEL (Hexanoyl-Lysine Adduct): A Novel Biomarker for Omega-6 PUFA Oxidation.
Y Kato Ed., Subcellular Biochemistry 77, p61-72(2014)
本ELISAキットの確立、性能評価試験の論文です
品名 商品コード 測定レンジ 所要時間 価格
ヘキサノイルリジン測定キット KHL-700 2~700 nmol/L 一晩+約2時間 60,000円(税別)
ご注文方法
使用説明書 試薬性能・QC関連情報 学術情報 ご質問はこちら(メール)

※表示価格に消費税は含まれておりません。ご請求時には消費税が別途加算されます。
製品の仕様、価格、操作方法等は予告なく変更される場合があります。
特に操作方法につきましては、ご使用前に商品同梱の使用説明書を必ずご確認ください。
【ご注意】 弊社の提供する試薬、受託分析サービス等は全て研究用です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。
ページの先頭へ