ホーム > 製品情報 レドックス/アンチエイジング > チオールステータス測定キット [印刷用ページ] Rev.131017
レドックス/アンチエイジング
Biomarkers for redox regulations or anti-aging medicine. oxidative stress 酸化ストレス
チオールステータス(総スルフヒドリル/SH基)測定キット
Colorimetric assay for total thiol status.
(本製品は研究用試薬です。)
【生体内レドックス指標】


チオール基(SH: スルフヒドリル基)は、血清中ではタンパク質(Cys残基)、グルタチオン、 遊離SH基として存在し、活性酸素種(ROS)と速やかに反応して酸化型のジスルフィドを形成します。 血清中のチオールレベルは、生体内のレドックス環境の指標の一つと考えられているほか、 近年いくつかの酵素、タンパク質の機能が、分子内チオール基の酸化/還元状態によって制御されていることが明らかにされています。 例えば、DNA修復に重要な役割を果たすポリADPリボースポリメラーゼ(Poly ADP-ribose polymerase: PARP)は分子内チオール基の 酸化/還元により酵素活性が制御されており、血清チオールレベルがDNA修復能に関連することが報告されています。 さらに、最近では血清チオールレベルが、老化の指標となることが示唆されており、アンチエイジングの研究分野でも注目を 集めています。

本キットは、血清サンプルを対象に、総チオールレベルを測定します。
【製品仕様】
● 測定対象: 血清、血漿、尿、滑液
● 所要時間: 約35分
● サンプル所要量: 20μL
● テスト数: 96 wells
● 必要な器具: マイクロプレートリーダー(測定波長405nm)、恒温槽(37℃) マイクロピペット(10~1000μL用)、蒸留水
● 保存条件: 冷蔵(2~10℃)
【キット構成】
1. 反応バッファーA 24 mL x 1本(そのまま使用します)
2. 反応バッファーB 2.4 mL x 1本(そのまま使用します)
3. キャリブレーター 4本(1本に対し、蒸留水を1000μL添加して再構成します。濃度は瓶ラベルに記載。)
4. 96穴マイクロプレート 1枚(そのまま使用します)
※操作方法等は予告なく改訂される場合があります。ご使用前に商品同梱の使用説明書を必ずご確認ください。
【測定手順】
1. サンプル、キャリブレーターまたは蒸留水を20μL/ウェル分注します。
2. 全てのウェルに反応バッファーAを200μL分注し、405nmにおける吸光度を測定します。
3. 全てのウェルに反応バッファーBを20μL分注し、シールします。
4. 37℃にて30分間インキュベート。
5. 直ちにシールを取り除き、405nmにおける吸光度を測定します。
6. サンプル及びキャリブレーターの吸光度変化から、サンプル中のチオール濃度を算出します。
【参考文献】
1) Reduced level of serum thiols in patients with a diagnosis of active disease.
J Anti Aging Med 6(4),p327-334(2003). Banne AF, Amiri A, Pero RW.
2) Oxygen free radicals and congestive heart failure. Br Heart J 65(5),p245-248(1991). Belch JJ, Bridges AB, Scott N, Chopra M.
3) Oxidative stress. An early phenomenon characteristic of acute experimental pancreatitis.
Int J Pancreatol 12(3),p193-199(1992). Dabrowski A, Gabryelewicz A.
4) A precise method for the determination of whole blood and plasma sulfhydryl groups.
Anal Biochem 93(1),p98-102(1979). Ellman G, Lysko H.
5) Measurement of protein thiol groups and glutathione in plasma. Methods Enzymol 233,p380-385(1994). Hu ML.
6) Spectrophotometric assay of thiols. Methods Enzymol 143,p44-67(1987). Jocelyn PC.
7) Reduced free-radical-trapping capacity and altered plasma antioxidant status in cystic fibrosis.
Pediatr Res 33(3),p247-250(1993). Langley SC, Brown RK, Kelly FJ.
8) Elevated levels of xanthine oxidase in serum of patients with inflammatory and autoimmune rheumatic diseases.
Inflammation 17(5),p551-561(1993). Miesel R, Zuber M.
9) Free radical activity and loss of plasma antioxidants, vitamin E, and sulfhydryl groups in patients with burns: the 1993 Moyer Award.
J Burn Care Rehabil 14(6),p602-609(1993). Nguyen TT, Cox CS, Traber DL, Gasser H, Redl H, Schlag G, Herndon DN.
10) Reassessment of Ellman's reagent. Methods Enzymol 91,p49-60(1983). Riddles PW, Blakeley RL, Zerner B.
11) Serum and synovial fluid histidine: a comparison in rheumatoid arthritis and osteoarthritis.
Rheumatol Int 6(6),p251-254(1986). Sitton NG, Dixon JS, Bird HA, Wright V.
品名 商品コード 測定波長 価格
チオールステータス測定キット KTS-100D 405 nm 60,000円(税別)

【製造元】:Immundiagnostik AG, Germany

ご注文方法
使用説明書(英文) 学術情報 ご質問はこちら(メール)

※表示価格に消費税は含まれておりません。ご請求時には消費税が別途加算されます。
製品の仕様、価格、操作方法等は予告なく変更される場合があります。
特に操作方法につきましては、ご使用前に商品同梱の使用説明書を必ずご確認ください。

【関連商品】:


品名 商品コード 仕様 価格
抗酸化能測定キット「PAO」 KPA-050 96ウェル・比色法490nm 70,000円(税別)
グルタチオン測定キット KGS-001W 192ウェル・比色法405nm 50,000円(税別)
GSHペルオキシダーゼ測定キット KGX-005W 192ウェル・比色法340nm 60,000円(税別)
GSH還元酵素測定キット KGR-015W 192ウェル・比色法340nm 60,000円(税別)
チオレドキシン1 測定キット(ヒト) KRX-004W 96ウェル・ELISA法450nm 90,000円(税別)
チオレドキシン測定キット(マウス) Kamiya KT-29640 詳細はお問合せください 164,000円(税別)
チオレドキシン測定キット(ウサギ) Kamiya KT-57244 詳細はお問合せください 157,000円(税別)
チオレドキシン測定キット(ラット) Kamiya KT-29644 詳細はお問合せください 171,000円(税別)
チオレドキシン結合蛋白2(ヒト) Kamiya KT-29618 詳細はお問合せください 160,000円(税別)
ヒト ペルオキシレドキシンI (Prx-I)測定キット KPX-005W 96ウェル・ELISA法450nm 90,000円(税別)
ヒト ペルオキシレドキシンⅢ測定キット KPZ-002W 96ウェル・ELISA法450nm 90,000円(税別)
ヒト チオレドキシン還元酵素Ⅰ測定キット KRR-004W 96ウェル・ELISA法450nm 90,000円(税別)
抗ペルオキシレドキシン I 抗体(100μL) SPR-101K 免疫組織染色用 60,000円(税別)
抗ペルオキシレドキシン II 抗体(100μL) SPR-102K 免疫組織染色用 60,000円(税別)

一部の商品は受注生産のため、予告なく製品の改廃、価格変更等が行われる場合があります。
ご注文の際には、弊社担当者まで予めご確認ください。



【ご注意】 弊社の提供する試薬、受託分析サービス等は全て研究用です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。
ページの先頭へ