ホーム > 製品情報 脂質酸化損傷マーカー > ヒト酸化LDL自己抗体測定キット [印刷用ページ] Rev.131017
脂質酸化損傷マーカー
Biomarkers for lipid oxidation. 酸化ストレス研究用試薬
oxidative stress 酸化ストレス
ヒト酸化LDL自己抗体測定キット
Human oxidized LDL (ox-LDL) ELISA kit. 医薬用外毒物
成分:チメロサール(0.009%)
(本製品は研究用試薬です。)
【LDL酸化のバイオマーカー】

(※製品の構成は写真と異なる場合があります)
LDL(low density lipoprotein)は血液中においてコレステロール輸送を担っています。生体内において過剰なフリーラジカルが 発生するとLDLに含まれる脂質が酸化され、酸化LDLが形成されます。マクロファージは酸化LDLを取込むことで泡沫化し、 血管内皮細胞障害、アテローム性動脈硬化病変を引き起こすと考えられています。

酸化したLDLは免疫原性を示すことが知られており、実際、心血管疾患、糖尿病、間接リウマチ(RA)、 全身性エリテマトーデス(SLE)をはじめ種々の疾患において、酸化LDLに対する自己抗体が血清中に 検出されることが報告されています。 酸化LDLに対する自己抗体は、生体内におけるLDL酸化を反映する新しいバイオマーカーと考えられています。 本キットは、ヒト血清/血漿サンプルを対象に酸化LDL自己抗体を測定するサンドイッチELISAキットです。
【製品仕様】
● 測定対象: EDTA血漿または血清(ヒト)
● 測定原理: サンドイッチELISA法
● 所要時間: 約3.5時間
● サンプル所要量: 100μL/well(50000倍程度に希釈して測定)
● テスト数: 96 wells
● 必要な器具: マイクロプレートリーダー(測定波長450nm)、8チャンネルピペット、 マイクロピペット(10〜1000μL用)、遠心機(3000 x G)、マイクロプレート用振とう機
● 保存条件: 冷蔵(2〜8℃)
ヒト酸化LDL自己抗体( Human anti-ox-LDL antibody/ 抗-ヒト酸化LDL-ヒト抗体)測定キット: 酸化ストレスマーカー研究用試薬 【日本老化制御研究所】
【キットの構成】
1)マイクロプレート: (8 wells *12本 分割式) 使用直前に、希釈済み洗浄液にて5回洗浄して使用します。
2)スタンダード: 4本(凍結乾燥品) 再構成したのち、使用直前にサンプル希釈液で3倍系列希釈します。
3)コントロール: 4本(凍結乾燥品) 説明書に従って再構成して使用します。
4)洗浄液(x10): 100mL x 2本 蒸留水にて10倍希釈して使用します
5)コンジュゲート試薬: 200μL x 1本 再構成したのち、使用直前に希釈済み洗浄液にて101倍希釈します。
6)サンプル希釈液: 100mL x 2本 そのまま使用します
7)TMB試薬: 15mL x 1本 そのまま使用します
8)反応停止液: 15mL x 1本 そのまま使用します
※操作方法等は予告なく改訂される場合があります。ご使用前に商品同梱の使用説明書を必ずご確認ください。
ヒト酸化LDL自己抗体( Human anti-ox-LDL antibody/ 抗-ヒト酸化LDL-ヒト抗体)測定キット: 酸化ストレスマーカー研究用試薬 【日本老化制御研究所】
【測定手順】
Step 1) キットを室温(18〜26℃)に戻します。 マイクロプレートは使用する分だけ取り出し、残りは袋に戻し密閉保存します。
Step 2) サンプル希釈液による3倍系列希釈にてスタンダード(6レベル)を調製します。
Step 3) サンプル希釈液を用いてサンプルを希釈します(50000倍)。
Step 4) マイクロプレートに洗浄液を250μL/ウェル分注、洗浄します。
Step 5) 上記洗浄操作を5回繰り返し、最後にペーパータオルに叩きつけて水をよく切ります。
Step 6) マイクロプレートにサンプル/スタンダード/コントロールを100μL分注します。
Step 7) プレートをしっかりシールして、室温にて2時間振とうします。
Step 8) 反応液を捨て、洗浄液 250μL/wellにて5回洗浄します。
Step 9) 希釈済みのコンジュゲート試薬を100μL/well分注します。
Step 10) プレートをしっかりシールして、室温にて1時間振とうします。
Step 11) 反応液を捨て、洗浄液 250μL/wellにて5回洗浄します。
Step 12) TMB試薬を100μL/wel分注し、室温暗所にて10〜20分インキュベートします。
Step 13) 反応停止液を50μL/well分注し、450nmにおける吸光度を測定します(吸光度が高い場合は405nmでも可)。
ヒト酸化LDL自己抗体( Human anti-ox-LDL antibody/ 抗-ヒト酸化LDL-ヒト抗体)測定キット: 酸化ストレスマーカー研究用試薬 【日本老化制御研究所】
品名 商品コード 測定波長 価格
ヒト酸化LDL自己抗体測定キット KLA-001DT 450 nm 95,000円(税別)

【製造元】:Immundiagnostik AG, Germany

医薬用外毒物
本製品は「医薬用外毒物」です。ご注文の際に「譲受書」をお送りください。
「譲受書」のフォームは、こちらをご覧ください。
ご注文方法
使用説明書 学術情報 ご質問はこちら(メール)

※表示価格に消費税は含まれておりません。ご請求時には消費税が別途加算されます。
製品の仕様、価格、操作方法等は予告なく変更される場合があります。
特に操作方法につきましては、ご使用前に商品同梱の使用説明書を必ずご確認ください。
ヒト酸化LDL自己抗体( Human anti-ox-LDL antibody/ 抗-ヒト酸化LDL-ヒト抗体)測定キット: 酸化ストレスマーカー研究用試薬 【日本老化制御研究所】
【関連商品】

品名 商品コード 仕様 価格
ヒト酸化LDL測定キット KLD-020DT ヒト血清を対象に酸化LDLを検出 95,000円(税別)
マウス酸化LDL測定キット KLD-067KT マウス血清中の酸化LDLを検出 164,000円(税別)
ラット酸化LDL測定キット KLD-514KT ラット血清、血漿用    使用説明書(PDF) 171,000円(税別)
ウサギ酸化LDL測定キット KLD-136KT ウサギ血清、血漿用    使用説明書(PDF) 171,000円(税別)
モルモット酸化LDL測定キット KLD-789K モルモット由来血清、血漿、培養細胞用    使用説明書(PDF) 158,000円(税別)
イヌ酸化LDL測定キット KLD-507K イヌ血清、血漿、組織ホモジネート用    使用説明書(PDF) 154,000円(税別)
ウシ酸化LDL測定キット KLD-101K ウシ血清、血漿、組織ホモジネート用    使用説明書(PDF) 154,000円(税別)
抗ヒト酸化LDL抗体(HOCl酸化) SLD-102D HOCl(次亜塩素酸)で酸化したヒトLDLを認識(20μL) 30,000円(税別)
SLD-110D (同上)100μL 80,000円(税別)
抗ヒト酸化LDL抗体(Cu2+酸化) SLD-202D Cu2+で酸化したヒトLDLを認識(20μL) 30,000円(税別)
SLD-210D (同上)100μL 80,000円(税別)
抗MDAモノクローナル抗体 MMD-030n 30μg マウス由来IgG。動物種依存性なし。 40,000円(税別)
ヘキサノイルリジン測定キット KHL-700 多価不飽和脂肪酸の酸化マーカー。尿、血清、組織に適用可能。 60,000円(税別)
尿中イソプラスタン測定ELISAキット KIP-050 アラキドン酸由来の脂質酸化マーカー。 80,000円(税別)
ヒト酸化LDL自己抗体( Human anti-ox-LDL antibody/ 抗-ヒト酸化LDL-ヒト抗体)測定キット: 酸化ストレスマーカー研究用試薬 【日本老化制御研究所】
【ご注意】 弊社の提供する試薬、受託分析サービス等は全て研究用です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。
ページの先頭へ