ホーム > 用語解説トピックス(研究用試薬/受託検査)
用語解説/トピックス  
文献紹介: 植物由来の抗酸化物質の機能性評価/作用機序
全粒粉小麦粉は、精白小麦粉に比べポリフェノールが多く、健康との関連性が指摘されているが、生体への効果についてはよく知られていない。 ここではラットを対象に食餌の53%を全粒粉または精白粉として6週間投与。全粒粉投与群では精白粉投与群に比べ、 血漿抗酸化レベルが高値を示し、 免疫機能(腸管リンパ球増殖能)にも改善が認められた。
【文献】:
Diets rich in whole wheat improve redox status and enhance immune responses in rats. Food and Agricultural Immunology 20 (2) , p95-104 (2009) R. Molinari, L. Manzi, S. Ricci, M. D'Aquino, G. Tomassi, C. Papeschi,N. Merendino
クルクミンは、ターメリックに由来する強力な抗酸化物質の一つ。全身性強皮症において、繊維化抑制効果を持つことが知られているが その作用機序は知られていない。ここでは、クルクミンがTGIFユビキチン化抑制によりTGIFをアップレギュレーションさせることにより、 TGFβシグナリング及びSmad2リン酸化を抑制、繊維化抑制作用を示すことが報告されている。
【文献】:
Curcumin suppresses TGF-β signaling by inhibition of TGIF degradation in scleroderma fibroblasts. Biochemical and Biophysical Research Communications 411(4), p821-825 (2011) Kemin Song, Shaowen Peng, Zheng Sun, Haitao Li and Rongya Yang,
肥満群に対するクルクミン投与により血清カルボニル化蛋白低下
【文献】:
Effects of curcumin on brain-derived neurotrophic factor levels and oxidative damage in obesity and diabetes.
Appl Physiol Nutr Metab 39(2),p211-218(2014). doi: 10.1139/apnm-2013-0133.
Franco-Robles E, Campos-Cervantes A, Murillo-Ortiz BO, Segovia J, Lopez-Briones S, Vergara P, Perez-Vazquez V, Solis-Ortiz MS, Ramirez-Emiliano J.
文献紹介: 高濃度の水素を含む水は抗酸化性を示す
H2にはヒドロキシラジカルを選択的に還元する作用があるが、他の活性酸素種には反応しない。 ラット脳の虚血再灌流モデルにおいて水素ガス吸引は脳の損傷を有意に抑制します。
【文献】:
Hydrogen acts as a therapeutic antioxidant by selectively reducing cytotoxic oxygen radicals.
Nature Medicine 13, 688 - 694 (2007)
Ikuroh Ohsawa, Masahiro Ishikawa, Kumiko Takahashi, Megumi Watanabe, Kiyomi Nishimaki, Kumi Yamagata, Ken-ichiro Katsura, Yasuo Katayama, Sadamitsu Asoh, Shigeo Ohta
マウスを使った炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease: IBD)モデルにおける水素含有水の検証試験。5%デキストラン硫酸を投与したマウスにおいて 水素水は体重減少の抑制、colitis scoreの抑制、病理的な腸の縮小抑制、IL-12/TNF-α/IL-1βの上昇抑制効果を示すことが報告されています。
【文献】:
Hydrogen mediates suppression of colon inflammation induced by dextran sodium sulfate.
Biochemical and Biophysical Research Communications 386(1),p11-15 (2009)
Mikihito Kajiya, Marcelo J.B. Silva, Kimihiro Sato, Kazuhisa Ouhara, Toshihisa Kawai
ヒト繊維芽細胞を使った研究により、培地中に水素を添加すると、マロンジアルデヒド(MDA)、8-ヒドロキシ-2'-デオキシグアノシン(8-OHdG)、 ニトロチロシン(3-NT)の形成が抑制されることが報告されています。
【文献】:
Hydrogen-rich medium protects human skin fibroblasts from high glucose or mannitol induced oxidative damage.
Biochemical and Biophysical Research Communications 409(2,3), p350-355(2011) Pan Yu, Zhenxiang Wang, Xuejun Sun, Xiaohua Chen, Suyun Zeng, Liang Chen, and Shirong Li
【ご注意】 弊社の提供する試薬、受託分析サービス等は全て研究用です。研究以外の用途(臨床検査/診断/医療行為等)には使用できません。
弊社ホームページに掲載されている酸化ストレス研究用試薬/受託分析に関する 商品情報、文献情報等は、お客様の研究のための参考資料としてご紹介するものです。 これらの情報は研究用のバイオマーカーの臨床的意義を示すものではなく、また臨床検査や医療活動等に用いることを 推奨するものでもありません。
内容を引用される場合には、出典として「日本老化制御研究所」または「JaICA」と記載するようにお願いいたします。 また、図や写真を引用される場合には 弊社の書面による許諾を必ず事前に得るようにしてください。 弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は 責を負いませんので予めご了承ください。
ページの先頭へ